改善活動継続の可否は、会議の上手な運用にかかっている

今回の記事は、改善の効果を将来に渡って継続させる方法についてです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20121220/445847/?k2
まず、改善の効果を継続的に定着させるためには、
属人的な能力に頼り切りにせず「仕組み」が必要である。
「仕組み」の役割は、
1.人間の能力を補完し常に100%の能力を出す状態に近づける
2.高レベルな成果を再現し続けること
にあります。
「仕組み」を作る際に注意すべきは、運用のしやすさであり、
ポイントとしては以下の3つです。

(1) 以前から取り組んでいたことに組み込む
(2) 他の部署を巻き込んで競争する
(3) 1つの改善テーマの責任者は1人にする
最近は改善の効果の継続性について考える余裕がなかったため、
今回の記事でその大切さを思い出すことができた。

さっそく実践していこう。

 


コメントを残す