「今さら聞けないPaaSとは? IaaS、SaaS、DaaSとの違い」

教育課題としております日経SYSTEMSですが、10月号で纏めたい事項がありませんでしたので、日頃から整理したかったことを纏めて、紹介します。

「今さら聞けないPaaSとは? IaaS、SaaS、DaaSとの違い」

———————————————
PaaS ・・・ ”Platform as a Service”「パース」
———————————————
サービスとしてのプラットフォーム

開発に必要な
・ネットワークなどのインフラ
・OSなどのプラットフォーム
をインターネット上で使用できる。
⇒ 電気・水道などのインフラがそろった、ショッピングセンターのテナント

メリット:必要な環境がすでに揃っているので、プログラムを作ることに集中できる
デメリット:環境をカスタマイズするのは難しい

Google App Engine(Google Cloud Platform)
Microsoft Azure(マイクロソフト・アジュール)
Heroku(へロク)
IBM Bluemix

———————————————
IaaS ・・・ ”Infrastructure as a Service”「イァース」「アイアース」
———————————————
サービスとしてのインフラ

・仮想サーバ
・ハードディスク
・ファイアーウォール
などのインフラを提供
⇒ 土地だけを借りてお店を作る方法

メリット:アプリ・プラットフォームをかなり自由に開発できる
デメリット:開発には専門的なスキルが必要

Google Compute Engine
Amazon Elastic Compute Cloud
Xサーバーなどのレンタルサーバー

———————————————
SaaS ・・・ ”Software as a Service”「サース」
———————————————

⇒ 以前のお店が残した設備がある居抜き

メリット:全てのサービスがウェブ上で使えるので、開発のスキルや手間なく使える
デメリット:すでに用意してあるサービスなので、自由度は低い

Gmail、Yahoo!メール
Google Photo
無料ブログサービス

———————————————
DaaS ・・・ ”Desktop as a Service”
———————————————

パソコンのデスクトップ環境をクラウドでつくって、
インターネットを通じて利用するサービス

メリット:全てのサービスがウェブ上で使えるので、開発のスキルや手間なく使える
デメリット:すでに用意してあるサービスなので、自由度は低い

Microsoft Virtual Desktop
IBM Smart Business Desktop
Citrix XenDesktop


コメントを残す