読後感

『採用面接で「採ってはいけない人」の見きわめ方(松下直子著)』を読んだ。
表紙や帯紙からは、いわゆる問題社員(面倒くさい人)を採らないためには、という臭いぷんぷんであったが、著者自身は「採用のコンサルタントではありません。専門は人材育成です。採ってはいけなかったと判断されてしまった人を、採ってよかった人にするお手伝いをさせていただいています。」ということなので、おそらく出版社(編集者)の意向が出ているのであろう。
ただ著者の主張によれば、採用には哲学が必要のようである。人事担当者には必読の書。


コメントを残す