教育計画:日経システム5月号

■「ビルコミュニケーションシステム」竹中工務店

■■概要
ビルの各種設定をクラウド上のアプリケーションか自動制御する

■■問題
従来のオンプレの設備管理システムは個別でクローズドなシステム
であり、サーバ能力も不足していた

■■対応
・オンプレの照明システムや空調システムをクラウド化
・クラウドならでは実現できる機能を模索
→照明や空調などのセンサーから情報所得し、クラウドで自動判断、
センサーの制御を返却
→Machine to Machineを実現

■■情報システム構築と異なる難しい点
・各社の照明、電気システムをコーディネート
→通信プロトコルの検証、どのようにデータをやり取りするか?

・ビルに実装するIT化は”一品生産”
→「工事」の一括契約に対応してもらえるか?
→保守をワンストップで請け負えるITベンダーが望ましい
→パートナー選定が鍵

——————-
■カタログを使った要件定義

■問題
・要件定義工程の難化
→デバイスやUIの表現の多様化
→次々と現れる新技術

■■対応
・カタログを使った要件定義
→要求機能の実現方法を「カタログ」化
→カタログから部品を選んで組み合わせる形式

■■要件定義難化の背景
・外部からの調達前提の従来の受託型開発が時代遅れに

・従来
→発注から納品までのリードタイムは年単位の比較的長期間が許容されてきた

・近年
→技術の変化スピードの加速
→長い発注プロセスの間により洗練された技術が出現する

■■エンジニアの役割
・「誰かの要件を定義する」ことから
「自分たちの実現したいことを理解し、適合する技術を自分たちで選び、
自分たちでシステムを作っていく」ことに変化している

——————-


コメントを残す