教育課題図書「最強の働き方」第三章

第三章 一流の心構え

◎主体的に動く
 ◆上から降ってくる仕事は当然つまらない
   好きな仕事は、自分で探し、やったモノ勝ちである。
 ◆面白い仕事に自発的に取り組む
   受け身の姿勢では仕事の幅が狭まり、自分の強みを発揮できない。

◎先見の明をもつ
 ◆プロアクティブに動く
   将来起こりうる事象を想定し、長い時間で考えられる人は強い。
 ◆石橋を叩いて渡らず、叩き割る二流にならない
   ライバルより先に動けるアーリ-ムーバーが、慎重すぎる完全主義者を打ち負かす。

◎仕事の質にこだわる
 ◆お土産ひとつにも徹底的にこだわる
   仕事の細部にこだわる人が、勝負に勝つ。
 ◆哲学・美学のある仕事をする

◎危機感をもつ
 ◆自分の仕事を「より安く、より速くできるライバル」の存在を忘れない  
 ◆チャンスはいくらでもあると、油断しない
   賢いのに一流になれない人の特技は「油断」である。

◎期待を上回る
 ◆給料とポジション以上の仕事をする
   満足したビジネスパートナーや顧客の口コミで、仕事や責任が大きくなる。
 ◆会社にレガシーを残す
   会社を去ったあとに残るもので、あなたの真の価値が決まる。

<所感>
面白い、やりたい仕事に自発的に取り組むのは良いことだが、そうでない仕事を
やらねばならなくなった時、モチベーションを下げずに続けることも、相当な
力がいると思った。それには、組織ということを理解すること、そして、自分に
任せられた仕事の期待に応えようという気持ちを持つことだと思う。そしてそれを
乗り越え、仕事を全うした時、きっと自分には予想しない力がついてると信じる。
それはたぶん、好きな仕事を意欲的にすることでは得られない力のような気がする。

自分の仕事の哲学、そして美学。ITという明確な答えのあるデジタルな世界でも、
拘りを忘れない、自分らしい仕事を心がけることは必要と思う。


コメントを残す