教育課題図書 「最強の働き方」第二章

第二章 一流の自己管理

【 時間管理 】
◎早起き
 ◆早起きは、鶏に負けてはいけない
   早起きは、不規則で堕落した生活を送らない「自己規律」の象徴である。
 ◆眠っている時だけでも、ビル・ゲイツに勝て
   眠りの量・質は、脳の生産性に大きな影響を与える。寝具は、自分に
   合った最高のクオリティのものを選ぼう。
  
◎時間厳守
 ◆待ち合わせ時間とデッドラインを死守せよ
   遅刻やデッドラインの超過が続けば、「チームワーク不能」とみなされ、
   信頼を失う。
◎優先順位
 ◆プロフェッショナルの仕事は「タイムアロケーション」が極めて重要
   「仕事っぽいが不要な仕事」に時間を浪費せず、適切なタイムアロケー
   ションで、仕事の生産性を高めよう。

【 外見管理 】
◎服装
 ◆TPOをわきまえる・・・エリートも馬子も衣装次第
   TPOに即した服装が、できるイメージに大きな影響を与える。

【 健康管理 】
◎健康
 ◆2か月20Kgの減量は当たり前
   体重管理は、健康管理だけでなく、自制心の象徴である。

 ◆運動好きで、歩くのも座るのも真剣勝負
   健康は意識やモチベーション、あらゆる思考・行動の基礎である。

【 内面管理 】
◎ストレス管理
 ◆「心のストレス引当金」を積んでおく。
  自分および相手の期待値をコントロールし、ストレスとうまく付き合おう。

 ◆ストレスは翌週に持ち込まない
  「ワークハード・プレイハード」は多くのプロフェッショナルの基本である。

 ◆遊びのある人でなければつまらない
  オフタイムまで勉強ばかりしていないか?仕事も人生も「緊張」と「緩和」
  が必要だ。 

【 成長管理 】
◎学習習慣
 ◆常に成長し。自分の進化版2.0を目指そう
  多忙でも学習習慣をもっているか?「ストック」だけでなく「変化率」も
  必要。

 ◆他人の土俵でも、ある程度相撲を取れるように
  専門分野の知識だけでなく、幅広い教養が必要だ。

章末コラム
 ◆「啓発ビンボー神」になってはいけない
  評論家で終わらず、実行の第一歩を踏み出そう。

<所感>
「睡眠」については、寝具にいいものを使えば質の良い睡眠がとれるのかも
しれないが、実際、ベッドに数十万かける余裕はないので、昨年は枕を新調
してみた。ずっと首が痛いので、その対策でもある。
昔、以前の会社で、上司に「自分の健康管理は、SEの仕事のうち」と言われ、
3日熱が引かず休んだら、長い間それを言われたので、二度と3日は休まないと
強く思ったことがある。SEというより、PL、PMになれば、メンバーの健康にも気を
配らないとならないので、自分の健康はしっかり管理しておくことが必要だと
思う。


コメントを残す