【年間教育計画】マネジメント系図書(学習成果をBlog up)

Pepperプログラミング 基本動作からアプリの企画・演出まで

新規事業として、お客様よりPepper案件に関する引き合いの拡大を見せている。
Pepperは、お客様のニーズに合わせたプログラム開発をサポートしている。
YCCは、地図業務案件に強みとしているが、地図業務案件が減少した場合、売上げ減少に
大きく影響する。また、他業務に対するノウハウがないため、売上げ減少に対する
カバーも難しい。
そこで、2016年度上期にPepperプログラムについて学習し、Pepperを使った新規事業の拡大を図っていく。

本書を読んで、Pepperの開発において、以下の点に注目できる。

(1)人が近くにいることを認識することができる。
→来訪者に対してアプリケーションの起動とアクションを起こせる。

(2)人の言葉を理解し、それに対応した会話をすることができる。
→来訪者の用件を聞き、用件に合わせたアプリケーションの起動とアクションを起こせる。

(3)人の顔と声で、人の感情を認識することができる。
→感情認識により、接客サービスを可能とする。

(4)インターネットに常時接続されているため、たとえば、最新のニュースなどを確認することができる
→クラウドとPepperの連携を可能とする。

(5)周りの障害物を検地することができる。近くに障害物や人が存在する場合、
自動的にPepperの手の動きを制御し、人や障害物に当たらないように安全に配慮した動きを
することが可能
→来訪者のお出迎えなどのアクションが可能。

(1)~(5)の開発により、受付が必要な業務にPepperを配置し、各業務に対応したソフトを開発することで
人件費削減と集客率アップに繋げることができる。
特に、お年寄りや子供の多い医療関係の受付をターゲットに展開していきたい。


【年間教育計画】マネジメント系図書(学習成果をBlog up)” への1件のコメント

  1. お疲れ様です。
    先月、脳若トレーニングをしている某大手の事業者が、Pepper君に、脳若のメニューの一部をさせていました。
    実際の動画は見ていませんが、展示会だったようです。実際の講座では、高齢者との会話が重要で、やはりPepper君では・・・と思いますが、スポットでやるのも、受講者に受けるかもしれません。

コメントを残す