中小企業のための全員営業のやり方

「全員営業」という言葉を初めて聞いてしばらく経つが、
それについては漠然とこういうものだろう(私の場合は客先に常駐している関係上、
客先の営業情報を社内へ展開したり、当社に案件を出していただけるよう、活動する)
と考えていたが、それが正しいという確証はなく本来「全員営業」とはどういうもので、
どの活動するのかということで、そのヒントを求め当該図書を見つけ読んでみた。

この本は経営者や経営幹部向けに書かれた図書で、
内容としては
・中小企業に全員営業が必要な理由
・「全員営業」5つのノウハウ
・成功事例
が書かれている。

・中小企業に全員営業が必要な理由
現在当社が置かれている状況がまさに記載されてり、
全員営業が必要なのではないかと感じる内容が書かれていた。

・「全員営業」5つのノウハウ
会社として「全員営業」を行うため、営業というものに関してどう意識を改め、
現状を理解し、仕組み作りを行わなければならないか、ということが書かれていた。
書かれている内容には”なるほどな”と思えるものも多く、
特に、管理職が経営者の考えや会社の施策を翻訳や補足をして、
しっかりと部下に伝えることが必要という内容については、
非常に耳の痛い話で反省が必要だと感じた。

・成功事例
これに関しては当社と同じ業種の事例はなかったが、
参考にできるところはあった。

この図書に関しては、著者が経営コンサルタントということもあり、
手に取って帯を見た際に自身を売り込む内容の本なのではと最初は疑って読み始めたが、
個人的には当社の状況、将来を考える上で非常に参考になる内容がわかりやすく書かれていた。
ただ、今現在私が悩んでいる解は見つけることはできなかったが、
「全員営業」の必要性の理解と仕組みづくりや実践するために必要なことを
多少なりとも理解することができた。

以下に良い言葉が書かれていたので参考までに以下に記しておく。

・会社は、まぐれで10年続かない。必ず強みが潜んでいる。
・儲かる会社は、一発芸人よりも、落語家を目指す。
・改善をいくら増やしても、改革には至らない。

・会社で無料なのは空気だけ。すべてのヒト・モノを営業力に転用する。
・営業マンが話せばセールストークだが、他者が話すと真実になる。

・「今の仕事で手一杯」を理由にしてしまうと、会社は永遠に変われない。

・売上には、「真の売上」と「ウソの売上」がある。
・儲かる会社は、売上を上げるだけでなく、売上をコントロールする。

・仕組み作りは、性悪説で考え、性善説で運用する。
・最高の施策ではなく、最善の施策が会社を変える。

 


中小企業のための全員営業のやり方” への1件のコメント

  1. なんちゃってCyclist K さん

    興味深い本ですね。
    わが社で具体的に実践できそうなことはなかったでしょうか?
    時間がある時にでも、聞かせてください。

コメントを残す