不格好経営

DeNAの創業者、南場智子氏の自叙伝。

不格好経営

 

 

 

 

 

 

 

 

36歳までマッキンゼーで経営コンサルタントとして活躍され、
その後DeNAを起業されたのだが、タイトルの通り失敗の連続で、
まさに「言うのとやるのでは大違い」なんだということを
感じることのできるエピソードが多数紹介されており、
そのような失敗を乗り越えて現在のDeNAを築き上げられた
南場氏の考え方がとても参考になったのでいくつか紹介します。

  • 人材の多様性を歓迎しつつも、
    「DeNA Quality」として全社員に必要な共通の姿勢や意識として5点を掲げている。
  • DeNAの競争力の源泉は、間違いなく「人材の質」である。
    人材の質を最高レベルに保つために、
    ①最高の人材を採用し
    ②その人材が育ち、実力をつけ
    ③実力のある人材を埋もれずにステージに乗って輝き
    ④だから辞めない
    という要素を満たすことが必要。
  • 人を口説くのはノウハウやテクニックではなく、魂で当たらなければならない。
    事業への熱い思いや会社への誇り、その人の力がどれだけ必要かを熱心にストレートに伝えるということに外ならない。
    欲しい人材は何年かかってもずっと追いかける。
  • 本当は迷いだらけだし、そしてとても怖い。
    でもそれを見せない方が成功確率は格段に上がるというのは常識的なことだが、
    それを腹に落として実際に身につけるまでには時間がかかった
  • 事業リーダーにとって「正しい選択肢を選ぶ」ことは当然重要だが、
    それと同等以上に「選んだ選択肢を正しくする」ということが重要となる。
    実行する時も、リーダーに最も求められるのは胆力ではないだろうか。

頭では理解できても行動となるととても難しいことばかりです。
意識して仕事に取り組むことで腹に落としていきたいと思います。

 


コメントを残す