machine-learning「機械学習」

coursera-machine-learning
「機械学習」という Stanford 大学の講座があったので受けてみました。8月終わりから9月の連休の終わりまで詰め込んで受けたので少々ハードだったのですが、非常に興味をそそられる内容でした。
内容を簡単に説明すると、人工知能のシステムをどのように作るかといったような内容でした。
例えばデジカメに実装されている顔認識、Amazon のようなショッピングサイトで使用されている商品レコメンデーションシステム、メールクライアントソフトの迷惑メール振り分け機能、最先端の応用例としては車の自動運転等、ありとあらゆる分野でこの「機械学習」というものが使われているようです。
コースの最初から数学の知識が必要でしたが、数Ⅲ程度のレベルしか持っていない私でもなんとかついていけました。コースは11週間かけて勉強するようなカリキュラムになっており、毎週1時間ほどのビデオでの講義のあとに小テストがあり、プログラミングの宿題が課せられています。
プログラムは MathLab または Octave という行列を専用に計算するような言語でしなければなりません。ほとんどの課題は数行書く程度なのですが、実際にC等で同等なコードを書こうとするとforループを含んだ行で10倍程度になると思われます。
理論はうわべだけ一通り学んだのですが、実際に使うとなると学習用のデータ集めから始めてきわめて地道な作業が必要のようです。

興味のある方は https://www.coursera.org/learn/machine-learning/home/welcome へ
講義は英語ですが、日本語の字幕もあるようです。 本屋で「機械学習」についてのいくつかの本を立ち読みしましたが、超難解でした、それに比べこのコースは実例を交えて講義を進めており、わかりやすい方だと思います。


コメントを残す