マルチメディア検定 MVNOとSIMフリー

最近、スマホの料金が安くなるなどで注目を浴びている格安simやsimフリーについて説明してみたいと思います。

まず、移動体通信事業者(MNO)と呼ばれる会社として、日本ではDocomo、au、ソフトバンクがあります。これらの会社は独自に携帯などの回線網を保有しており、直接サービスを展開しています。

これに対して仮想移動体通信業者(MVNO)はMNOから回線を借りて、サービスを展開しています。自社で回線を保守したり、拡張したりしないため、MVNOよりも安い料金でサービスを行うことが可能です。

ただし、主にインターネットを利用する際には、一旦MVNOからMNOに接続する必要があるのですが、ここの回線の速度に利用速度が左右され、基本的にMNOのsimよりも通信速度が遅くなるという問題があります。また、当然ですが、MNOが行っているサービスは利用できません。

その問題点を許容できるかというのが、MVNOを利用するかどうかの判断になります。

また、通常MNOから購入したスマホなどには他社のsimカードを利用できないようにロックがかかっています。最近、このロックを解除できるようになりましたが、解除するには利用期間などの制限があります。

それに対し、はじめからロックのかかっていないsimフリーのスマホというものがあります。これは、本体だけ購入してsimカードは別にMNOやMVNOから入手する必要があります。安いもので1万円を切るものや、複数のsimカードを利用できるものなど、MNOにはないような機種もあり、大手量販店では専門のコーナーもできています。

これまでは、大手3社が占めていたスマートフォン業界ですが、今後はユーザーが機種や回線を利用目的に応じて選ぶ時代になると考えられます。

なお、MVNOは現在Docomoの回線を利用しているものが多く、simロックを解除しなくてもMVNOの格安simを利用できる可能性が高いです。(すべてが保証されているわけではありません。)


コメントを残す