「最強のチームビルディング(チーム意識)」を読んで

「チーム意識」を生み出すためには、リーダー自身が行動や言動を変えて求心力を作り、メンバーと一体となることが重要だということが書かれていました。

■チーム意識が低いと。。。
・自身の担当分の業務のみの進捗、品質を重視し、他のメンバーへの協力をしない
・自身の担当分の業務に直接影響がない課題に興味がない
・他のメンバーの進捗の遅れや品質低下を嫌い、課題発生時に攻撃的になる

■リーダーとメンバーの間に距離があると。。。
・リーダーが現場の状況を把握できず、一方的な指示、命令を出し続ける。作業過多の際にも、対策がないので追加指示を出してしまう。
・現場任せにしてプロジェクトが迷走する。
・ホウ・レン・ソウは上司と部下、リーダーとメンバーの距離があるほど増える傾向にある
 ⇒上司が部下を信頼していないあまり、自分で実務を抱え込み、プレイヤーとなってしまうケースが多々ある
・メンバーがリーダーに報告を上げなくなる(都合の悪いことを隠す)

皆さんもなにかしら経験があるのではないでしょうか?
ではどうしたらよいのか?

★リーダー自身が求心力となる必要がある!
 当たり前のことかもしれませんが、リーダが旗を振って引っ張っていかなければいけないと思います。
 リーダーが求心力となるためにはどうしたらよいのか?
 
■求心力のあるリーダー
・指示、命令の変わりに、「質問・傾聴」「助言・応援・支援」を多用する。
 ⇒チームは「人が成長する器」である!
  長い目で見て、人材力⇒チーム力UPとなると考えて行動している。
・リーダー自身がメンバーの一員として、メンバーの支援者になるという自覚を持っている
・「○○課長」「○○リーダー」ではなく、「○○さん」やニックネームを使用
・チーム規範、ルールを作り見える化している

といった感じです。
私自身も「求心力のあるリーダー」となるために、上記の実践できていないことを少しずつ取り入れながら、
チーム力UPを目指そうと思います。


コメントを残す