「Interface」

本屋さんで興味を引いたので久しぶりに Interface という雑誌を買いました。
今回は画像処理のアルゴリズム「超解像」というやつで、低い解像度の画像を大きく引き伸ばす方法についての特集です。

中には次のような記事が載っていました。
普通画像を引き伸ばすと補間という方法を使うのが一般的ですが、補間だけで引き伸ばすと画像のぎざぎざが目立ってしまいます。今回の特集はその画像を引き伸ばすひとつの方法「超解像」というアルゴリズムについて解説です。画像のエッジを加味した補間法らしいです。

もうひとつはGPU付きのスパコンが2万5千円で買えるという話。もちろんワンボードのコンピュータではあるがUSB3、Ethernet、HDMI、SATA、イヤホンジャックが付いているというので周辺機器を買えばほぼ市販のPCと同じになるそうです。

今、新人にPCを組み立てさせる研修をしているけど、どうせだったらこんなものを使ってPCを作れといったら面白いかも知れませんね。

interface-2015-6


コメントを残す