さすがPython

仕事でPythonを使い始めて1年半、今では数万行のコードになった。PythonはDOSとSQLで書かれたバッチ処理を新システムに移行する話が決まった時、お客さんに紹介して取り入れてもらった。

思いこせばPythonを最初に触ったのは4~5年前、C++やJavaに慣れていた自分にとっては、コードのブロックをインデントで表すなんてありえないと何年も食わず嫌いだったのだが、Googleで採用されているとか、スクリプト言語の中では一番早いとかいう噂でひとつ勉強してみる事にした。まあ色々癖や欠点はあるのだが、DOSコマンドに比べると格段にプログラムしやすい。おまけにGUIのAPIもデフォルトで付いている。

今回の仕事はDOSコマンドのスクリプトからPython に移行するだけだったのだが、ちょっとした工夫でコンソールアプリからGUIに変更することも出来た。自前でフレームワークを作りリスト系のアプリケーションならパラメタ項目の定義とSQLを記述するだけで簡単に作れるようになった。 アウトプットはCSVなのだが、ボタンひとつでExcel にも出力できる。さすがPython


コメントを残す