特集「人不足時代のリーダー」を読んで

今回は、「人不足時代のリーダー」を読みました。

ボリュームのある内容であり、ポイントとしては
人不足のチームでプロジェクトを成功させているリーダーは、
主に以下の4つのアプローチをとるという形で、まとめられていました。

1)タスクを”手抜く”
2)早く育つ仕掛けを用意する
3)時間ロスの芽を摘み取る
4)クラウド(群集「Crowd」)ソーシングを使いこなす

今回面白いなと思ったのは、以下の内容でした。

——————————————————————–
「2)早く育つ仕掛けを用意する」
 ○序盤に失敗して知識を獲得
  若手が活躍する機会をプロジェクトの序盤から用意する。
   ⇒若手の成長を促す。
   ⇒人不足が起こりやすいのは、要件定義や専門性の高い設計。
    経験の浅い若手がここに加わらなければ、人不足の状況は解決できない!
  
  利用部門の現場に同行・観察
   ⇒自分が行う仕事の理解、思い入れを持たせるのに有効。
  
  中核業務フローに絞ったプロトタイプの作成
   ⇒運用のポイント、技術上の課題に気付くのに有効。
  
  ペアプログラミング
   ⇒技術知識がチーム全体に浸透しやすくなる。
    生産性は低くなるように感じるが、技術知識が共有できることで以降の開発スピードが高まる。

 ○七人の侍のごとく役割を振る
  優秀なメンバーばかりを集めるよりは、人不足の時こそ役割に幅を持たせる。
  チームに必要な役割は以下である。
   (1)まとめ役
    ⇒リーダー
   (2)場の和ませ役
    ⇒雰囲気を明るく保つ
   (3)切り込み隊長役
    ⇒最新技術の取り入れ、挑戦
   (4)業務の専門家
    ⇒システム開発に必要
   (5)技術の専門家
    ⇒システム開発に必要
   (6)地道にこなす役
    ⇒着実に進めるために必要
   (7)ピンチ時の守り立て役
    ⇒叱られる役を積極的に引き受けるタイプ
——————————————————————–

難しい役割に若手の起用することに関しては、かなり勇気がいると思います。
その際は、しっかりとサポート体制を整えておく必要があると思いますが、
会社の成長にも大きくかかわってくることかと感じます。

七人の侍に関しては、理想的だと思いますし、
プロジェクトに限らず組織がこうであればよいと思います。
小規模なプロジェクトでは、1人が何役もしなければならないと思いますが、
みなさんは自分だとどのタイプでしょうか???


コメントを残す