技術部として投稿します

最近、社員ブログにITの投稿が少なくさびしいとMRの議事録に書いてあったので、微力ながらサポートしていきます。

いきなり技術的な話題に入るのもなんなので、年寄りくさいけど自己紹介から…

つい先日の誕生日で54になった。今思うと25歳の時にこの業界に入ってずっと今までひたすらにプログラムを書いてきた。いつも家族からは変人の部類に入っていると言われるけど、小さいときから変わったことに興味を惹かれていたように思う。

小学生のころは電気回路図が好きで、意味もわからないのにいろんな想像上の機械の回路図を書いては悦に入っていた。そのうちラジオやテレビの中身に興味をもちだし、ごみ捨て場に捨ててあるテレビの部品をよく拾ってきた。

コンピュータのことに興味を持ち出したのは短大の化学の先生に影響を受けてからだった。短大では英語を勉強していたが、一念発起してアメリカの大学でコンピュータを勉強しようと思い立って、カルフォルニアの大学に3年留学した。

帰ってきてからは新聞広告で小さなソフトハウスを見つけ、そこでアルバイトで働いた。その会社は今はないが、働いていた時の事務所は、今勤めているところの目と鼻の先にある。

そのころはプログラマの定年は35歳と呼ばれていた時期で、まさか54歳になってもプログラムを書いていることなどまったく想像できなかった。

そのときは年とったら何して生きていこうと真剣に悩んだけど、いまだに好きなコンピュータで仕事が出来ているのは非常にラッキーなことかもしれない。


コメントを残す