TypeScriptネットワークプログラミング

本書はもともと、TypeScriptを勉強するつもりで読み始めたが、TypeScriptの説明よりも、サーバ/クライアント形式のアプリ開発手法について重点が置かれている感じがした。
しかし、ネットワークアプリの開発にも興味があったのでそちらの方が勉強になった。

TypeScriptについてだが、いくつもあるaltJSの中でTypeScriptはJavaScriptの上位互換となっているため、部分的にTypeScriptの機能を使えることが特徴的である。
取り合えず使いたい機能だけを使っていくということで入りやすいと思えた。

ネットワークアプリの開発については、クライアント/サーバモデルの他、P2Pモデルの説明もあり、TypeScriptを使ったネットワークプログラミングについて、その基本的なところにポイントを絞って詳しく説明されていてわかりやすかった。

また、Node.jsの使い方についても説明があって、ネットワークアプリの入門書としても読みやすかった。