日経SYSTEMS 5月号より ~エンジニアのためのらくらくプレゼン術~ 「PCをいきなり使うのはダメ 倍速で資料を作る3つのコツ」

資料を作成する時、いきなりPCでプレゼンソフトを起動していないか?これは、時間を無駄にしている可能性がある。理由は、図形の色使いなど本質から外れたことに意識が向きやすく、時間を浪費しがちである。

構想をしっかり決めてからソフトを操作した方が効率よく資料を作成できる。また、資料も分かりやすくなる。

■作業の細分化

・「情報収集に30分」「仮説打診に30分」というように作業を細分化すると、隙間時間を有効活用できる。

■プレゼンのシナリオを下書きするストーリーボードを使用

・全体の大きな流れを考え、章分けする。
その後、各章の下にスライドの下書きを配置する。
ストリートボードは手書きが良い
プレゼンソフトで作ると細部に意識が傾きやすい。

■ストーリーの考え方:相手の状態を「不」で考える。

①「不信・不適」ステージ
「なぜ注目されるのか」「なぜ必要か」という重要性の訴求
②「不要・不急」ステージ
「なぜ今これを採用すべきか」という緊急性の訴求
③「不経済」ステージ
経済性を問われるので、他の技術や製品に対する優位性を示す。
④「不安」を払しょくするステージ
あなた自身や所属企業の実績・信頼性

■声に出して流れを確認する

・説明しにくいところは、流れに無理があったり、余計な情報が混ざっているから。
・手戻りが大きくならないように、ストーリートボードを作成した時点で話してみる
・事実の説明だけではなく、その解釈や結論まで一連の流れで話す
・できれば、資料なしで人に話してみる

日経SYSTEMS 4月号より ~実践 クラウドの正攻法~ 「SaaSからIaaSへ向け検討 移行可否は分岐で見極め」

今年度の教育課題として、日経SYSTEMSから気になった記事を纏めることにした。

日経SYSTEMS 4月号より
~実践 クラウドの正攻法~
「SaaSからIaaSへ向け検討 移行可否は分岐で見極め」

クラウドを試したら本格的稼働につなげる流れが定着しつつある。その中で問題なのは「オンプレミス環境で構築してきたIT資産をどうやってクラウドへ移行するか」だ。

■多様化するクラウドプラットフォーム

【IaaS】
・ゲストOSから上のレイヤーに当たるミドルウェアやアプリをオンプレで稼働していた状態のまま持っていける。
・既存システムの運用基盤を流用、また運用向けに開発したツールやPGMを再利用できるケースが多いので、運用管理者にとっても、クラウドを利用した運用業務を習得しやすい。

【CaaS】
・ITグループ全体で利用すべきコンポーネントを定義し、DevOpsやInfrastructure as Codeなどに基づいた仕組みと合わせて、従来の仮想サーバーより少ないリソースで、アプリを複数の環境に即時に配布する基盤として使われる。

【FaaS】
・実行する処理を登録しておき、サーバーをスケールアウト形式で起動、実行、停止する。これにより、季節で急激に変動するトランザクション量が増えるケースでも対応しやすい。
・トランザクション量のピークに合わせて高スペックのサーバーを用意しておく必要がない。

■SaaSからIaaSに向かって検討する

・クラウドの利用者側では、Saasから検討を始める方法に変化している。開発対象が少ない順にプラットフォームを検討し、最後にIaaSでしか動かないアプリのみIaaSに残す。

IaaSにより、ハードのコスト、保守要員の人件費を削減できる。しかし、ミドルウェアやアプリの領域は、オンプレと同じような保守が必要なので、コスト削減とはならない場合がある。

・オンプレとクラウドを併用するハイブリッドへの理解も進んできた。両社の長所が活かせる反面、両者を保守する必要があり、コスト増となる場合もある。

■非機能要件や稼働率も考慮

============================
★クラウド移行に向かない条件
・バッチ処理で、クラウドベンダーが提供していないCPU数やメモリー容量、高速なストレージを必要とする処理
・高可用性を実現するために、HWでクラスター構成を構築しているシステム
RAID構成を取っていて、HWと同等の性能が必要なストレージ
・ドライバーが物理サーバー上でしか動作しない、または仮想サーバーで動作保証されないAP
・特殊な装置の近くにあり、属地性、保全の観点から即時性を求められるシステム
・業務システムにおいて、99.95%以上の稼働率を求められるシステム
・障害発生や性能劣化発生時、エンドー・ツー・エンドで原因追及を即座に求められるシステム
・業務に必要とされるサービスレベルをクラウドベンダー側で保証できないシステム
============================

■クラウドの利点を享受するアーキテクチャー

目的はコストに限らず、アプリを含むシステム全体を柔軟に変えていき、ビジネス推進に貢献する狙いもある。キーワードは以下の3つ。

【リキッド】
アプリ機能をモジュール化し、各モジュールを軽量な機構によりAPI化連携する。その際、再生可能なコンポーネントやクラウドのサービスを積極的に活用する。

【インテリジェント】
システムの高度な自動化を実現し、ルーチンやタスクを削減し、効率化を図る。

【コネクテッド】
ビジネスパートナーや顧客を巻き込んだエコシステムを作り、IoTと接続し、アプリの相互接続性を向上させる。

■デジタルとレガシーの依存性を排除

オンプレからクラウドへは一気に移行せず、段階的に進めることが必要。「デジタルカップリング」という方法論が参考になり、12のステップからなる。
============================
★デジタルカップリング
・ドメイン定義
・インターフェース、(マイクロ)サービスの識別
・データコントラストの定義
・サービストとエンドポイントの定義
・ビジネスロジック疎結合化/移植
・イベントの定義
・同期/非同期フロー
・新アーキテクチャー定義
・新アーキテクチャーのPoC(概念検証)
・ファクトリー構築
・スケール
・組織再編とコミュニケーションの統合
============================