教育課題図書「最強の働き方」第三章

第三章 一流の心構え

◎主体的に動く
 ◆上から降ってくる仕事は当然つまらない
   好きな仕事は、自分で探し、やったモノ勝ちである。
 ◆面白い仕事に自発的に取り組む
   受け身の姿勢では仕事の幅が狭まり、自分の強みを発揮できない。

◎先見の明をもつ
 ◆プロアクティブに動く
   将来起こりうる事象を想定し、長い時間で考えられる人は強い。
 ◆石橋を叩いて渡らず、叩き割る二流にならない
   ライバルより先に動けるアーリ-ムーバーが、慎重すぎる完全主義者を打ち負かす。

◎仕事の質にこだわる
 ◆お土産ひとつにも徹底的にこだわる
   仕事の細部にこだわる人が、勝負に勝つ。
 ◆哲学・美学のある仕事をする

◎危機感をもつ
 ◆自分の仕事を「より安く、より速くできるライバル」の存在を忘れない  
 ◆チャンスはいくらでもあると、油断しない
   賢いのに一流になれない人の特技は「油断」である。

◎期待を上回る
 ◆給料とポジション以上の仕事をする
   満足したビジネスパートナーや顧客の口コミで、仕事や責任が大きくなる。
 ◆会社にレガシーを残す
   会社を去ったあとに残るもので、あなたの真の価値が決まる。

<所感>
面白い、やりたい仕事に自発的に取り組むのは良いことだが、そうでない仕事を
やらねばならなくなった時、モチベーションを下げずに続けることも、相当な
力がいると思った。それには、組織ということを理解すること、そして、自分に
任せられた仕事の期待に応えようという気持ちを持つことだと思う。そしてそれを
乗り越え、仕事を全うした時、きっと自分には予想しない力がついてると信じる。
それはたぶん、好きな仕事を意欲的にすることでは得られない力のような気がする。

自分の仕事の哲学、そして美学。ITという明確な答えのあるデジタルな世界でも、
拘りを忘れない、自分らしい仕事を心がけることは必要と思う。

教育課題図書 「最強の働き方」第二章

第二章 一流の自己管理

【 時間管理 】
◎早起き
 ◆早起きは、鶏に負けてはいけない
   早起きは、不規則で堕落した生活を送らない「自己規律」の象徴である。
 ◆眠っている時だけでも、ビル・ゲイツに勝て
   眠りの量・質は、脳の生産性に大きな影響を与える。寝具は、自分に
   合った最高のクオリティのものを選ぼう。
  
◎時間厳守
 ◆待ち合わせ時間とデッドラインを死守せよ
   遅刻やデッドラインの超過が続けば、「チームワーク不能」とみなされ、
   信頼を失う。
◎優先順位
 ◆プロフェッショナルの仕事は「タイムアロケーション」が極めて重要
   「仕事っぽいが不要な仕事」に時間を浪費せず、適切なタイムアロケー
   ションで、仕事の生産性を高めよう。

【 外見管理 】
◎服装
 ◆TPOをわきまえる・・・エリートも馬子も衣装次第
   TPOに即した服装が、できるイメージに大きな影響を与える。

【 健康管理 】
◎健康
 ◆2か月20Kgの減量は当たり前
   体重管理は、健康管理だけでなく、自制心の象徴である。

 ◆運動好きで、歩くのも座るのも真剣勝負
   健康は意識やモチベーション、あらゆる思考・行動の基礎である。

【 内面管理 】
◎ストレス管理
 ◆「心のストレス引当金」を積んでおく。
  自分および相手の期待値をコントロールし、ストレスとうまく付き合おう。

 ◆ストレスは翌週に持ち込まない
  「ワークハード・プレイハード」は多くのプロフェッショナルの基本である。

 ◆遊びのある人でなければつまらない
  オフタイムまで勉強ばかりしていないか?仕事も人生も「緊張」と「緩和」
  が必要だ。 

【 成長管理 】
◎学習習慣
 ◆常に成長し。自分の進化版2.0を目指そう
  多忙でも学習習慣をもっているか?「ストック」だけでなく「変化率」も
  必要。

 ◆他人の土俵でも、ある程度相撲を取れるように
  専門分野の知識だけでなく、幅広い教養が必要だ。

章末コラム
 ◆「啓発ビンボー神」になってはいけない
  評論家で終わらず、実行の第一歩を踏み出そう。

<所感>
「睡眠」については、寝具にいいものを使えば質の良い睡眠がとれるのかも
しれないが、実際、ベッドに数十万かける余裕はないので、昨年は枕を新調
してみた。ずっと首が痛いので、その対策でもある。
昔、以前の会社で、上司に「自分の健康管理は、SEの仕事のうち」と言われ、
3日熱が引かず休んだら、長い間それを言われたので、二度と3日は休まないと
強く思ったことがある。SEというより、PL、PMになれば、メンバーの健康にも気を
配らないとならないので、自分の健康はしっかり管理しておくことが必要だと
思う。

Y歌同2017年第1回定例会開催!!

半年ぶりのY歌同、2017年第1回目のY歌同を2017年1月4日の仕事初めの日に開催しました!!

img_20170104_191333

左は、新規加入のM浦さん。しょっぱなから『前前前世』を歌い上げてくれました(^^♪

右は、カラオケが上手すぎるN原さん。星野源の『恋』に酔いしれていました( ̄▽ ̄)

 

s-img_20170104_191705

左は、ザ・Yエロー・Mンキー大好きのM永さん。『砂の塔』を熱唱してくれました(^O^)/

 

s-img_20170104_192657

右は、自称・坂ザイルと名乗っているのに、三代目JSoulを歌っているS井さん。

73歳になられたN村会長から新入社員のT花さんまで、幅広い年齢層でしたが、最後は自称・坂ザイルによる『won’t be long』を皆で合唱して締めとなりました。

今年は月一開催で、楽しくストレス発散していきます(^^)v