【年間教育計画】マネジメント系図書(学習成果をBlog up)

Pepperプログラミング 基本動作からアプリの企画・演出まで

新規事業として、お客様よりPepper案件に関する引き合いの拡大を見せている。
Pepperは、お客様のニーズに合わせたプログラム開発をサポートしている。
YCCは、地図業務案件に強みとしているが、地図業務案件が減少した場合、売上げ減少に
大きく影響する。また、他業務に対するノウハウがないため、売上げ減少に対する
カバーも難しい。
そこで、2016年度上期にPepperプログラムについて学習し、Pepperを使った新規事業の拡大を図っていく。

本書を読んで、Pepperの開発において、以下の点に注目できる。

(1)人が近くにいることを認識することができる。
→来訪者に対してアプリケーションの起動とアクションを起こせる。

(2)人の言葉を理解し、それに対応した会話をすることができる。
→来訪者の用件を聞き、用件に合わせたアプリケーションの起動とアクションを起こせる。

(3)人の顔と声で、人の感情を認識することができる。
→感情認識により、接客サービスを可能とする。

(4)インターネットに常時接続されているため、たとえば、最新のニュースなどを確認することができる
→クラウドとPepperの連携を可能とする。

(5)周りの障害物を検地することができる。近くに障害物や人が存在する場合、
自動的にPepperの手の動きを制御し、人や障害物に当たらないように安全に配慮した動きを
することが可能
→来訪者のお出迎えなどのアクションが可能。

(1)~(5)の開発により、受付が必要な業務にPepperを配置し、各業務に対応したソフトを開発することで
人件費削減と集客率アップに繋げることができる。
特に、お年寄りや子供の多い医療関係の受付をターゲットに展開していきたい。

中小企業のための全員営業のやり方

「全員営業」という言葉を初めて聞いてしばらく経つが、
それについては漠然とこういうものだろう(私の場合は客先に常駐している関係上、
客先の営業情報を社内へ展開したり、当社に案件を出していただけるよう、活動する)
と考えていたが、それが正しいという確証はなく本来「全員営業」とはどういうもので、
どの活動するのかということで、そのヒントを求め当該図書を見つけ読んでみた。

この本は経営者や経営幹部向けに書かれた図書で、
内容としては
・中小企業に全員営業が必要な理由
・「全員営業」5つのノウハウ
・成功事例
が書かれている。

・中小企業に全員営業が必要な理由
現在当社が置かれている状況がまさに記載されてり、
全員営業が必要なのではないかと感じる内容が書かれていた。

・「全員営業」5つのノウハウ
会社として「全員営業」を行うため、営業というものに関してどう意識を改め、
現状を理解し、仕組み作りを行わなければならないか、ということが書かれていた。
書かれている内容には”なるほどな”と思えるものも多く、
特に、管理職が経営者の考えや会社の施策を翻訳や補足をして、
しっかりと部下に伝えることが必要という内容については、
非常に耳の痛い話で反省が必要だと感じた。

・成功事例
これに関しては当社と同じ業種の事例はなかったが、
参考にできるところはあった。

この図書に関しては、著者が経営コンサルタントということもあり、
手に取って帯を見た際に自身を売り込む内容の本なのではと最初は疑って読み始めたが、
個人的には当社の状況、将来を考える上で非常に参考になる内容がわかりやすく書かれていた。
ただ、今現在私が悩んでいる解は見つけることはできなかったが、
「全員営業」の必要性の理解と仕組みづくりや実践するために必要なことを
多少なりとも理解することができた。

以下に良い言葉が書かれていたので参考までに以下に記しておく。

・会社は、まぐれで10年続かない。必ず強みが潜んでいる。
・儲かる会社は、一発芸人よりも、落語家を目指す。
・改善をいくら増やしても、改革には至らない。

・会社で無料なのは空気だけ。すべてのヒト・モノを営業力に転用する。
・営業マンが話せばセールストークだが、他者が話すと真実になる。

・「今の仕事で手一杯」を理由にしてしまうと、会社は永遠に変われない。

・売上には、「真の売上」と「ウソの売上」がある。
・儲かる会社は、売上を上げるだけでなく、売上をコントロールする。

・仕組み作りは、性悪説で考え、性善説で運用する。
・最高の施策ではなく、最善の施策が会社を変える。

 

教育・訓練 2016年04月~2016年09

1.記事[プロジェクト・マネージャの「やってはいけない」]
問題を課題と勘違いしてはいけない
⇒課題管理の方法(How)ではなく、管理すべき課題(What)に誤りがある
管理する「課題」の定義が正しく行われていない
⇒課題ではなく、現場で発生している事象である「問題」を管理していることがとても多い。

課題の定義とは、「目的を達成するために解決すべき事柄」である。
⇒つまり課題管理で扱うのは、プロジェクトのメンバーが「次にどのような手を打つべきか」を検討したり実施したりできる内容になっていなければならない。

課題かどうかは「アクションを起こせるか」でチェック
⇒多くの現場では、問題を課題に変換する必要があるだろう。そのためにはまず、発生している事象である「問題」と、解決に向けた行動を促す「課題」は別物であるという認識を、現場に浸透させる必要がある。
⇒確かに記録することに意義はあるが、プロジェクトを推進し成功させるには、解決するための行動も管理する必要がある

最初に課題と問題を分類する段階を設ける
⇒課題管理では、プロジェクトチーム内やユーザーとの間で、課題とその対応策を共有することが大切
⇒課題や対応策が抽象的で曖昧な記述をしてしまうと、解釈にブレが発生し思わぬトラブルを招く原因になる。

課題管理の第1段階として、問題と課題の分類を行う
⇒課題管理表に「大分類」や「小分類」といった欄を設け、定型的な分析を行う。
⇒内部検討の必要がある問題は、具体的にどのように検討するかをまず書く。
⇒検討した後は、どう解決するのかを踏まえて次のアクションが分かるように表に書くようにする。

ビジネス、プロジェクトといったレベルで管理
⇒書き込む課題のレベルを分けること

【感想】
課題と問題の違い、それを正しく分析し、段階を踏みアクションを取る。
冷静に考えればできる事できることですが、人は簡単には理想の行動を取ることはできません。
ただ、この記事は基本を見直す良い記事という印象を受けました。

2.記事[休暇中に仕事との接触を絶たない方がよい理由]
人事担当者向けの会員制サイトWorkplaceTrends.comが行った調査「2015 Workplace Flexibility Study」の結果
⇒会社側の67%は、社員のワークライフバランスが整っていると思っているのに対し、社員側の45%は、プライベートな活動への時間が取れていないと感じている。

「従来の捉え方は、仕事(ワーク)と生活(ライフ)は相反する活動で、時間を互いに奪い合っているという認識
⇒仕事とは別立てで『自由な時間』がある、つまり仕事は自由ではないという認識。しかも、『バランス』という言葉が付いているからには、仕事が増えると必然的に生活は減るという意味になる
⇒我々の生活は1つであり、たまたま、その一部を仕事に使い、一部を他の活動に使っている

近頃のワークライフバランスの概念は、いつどこでも仕事ができる柔軟性を社員に提供する
⇒プライベートの生活と仕事の生活が重なり合うことになるので、社員の側は、仕事との接触を持つ機会と断つ機会をいつどのように設けるかについて、答えを見つけ出す必要がある

【感想】
仕事とプライベートの重なり合いをよく考え、必要だと思う事には積極的に接触し、そうでない事にはきっぱりと断つ事。
物事をきちんと判別し、”これはこれ”、”それはそれ”という判断は大変大切な事だと思います。
あとは、物事の重要性を判断基準などが記載してあれば、大変面白いかなと思った記事でした。

3.[マインドマップ化:プロジェクトリーダーについて Ver0.00]
過去の読破した記事の内容(プロジェクトリーダーに関する記事)を独自に分析
私個人がプロジェクトリーダーとして、必要な要素・姿勢・問題点をマインドマップ化
※ これはあくまで私の個人的解釈であることをご了承ください。
※ これは今後も内容を随時更新し、ブログにUPする予定。
※ マインドマップについて知りたい方は[こちら]
pl%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f-%e3%80%90%e5%a4%a7%e5%89%8d%e6%8f%90%e3%80%91-%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%ae-%e5%94%af%e4%b8%80%e3%81%ae%e8%b3%87%e8%b3%aa