アタマがどんどん元気になる! !   もっと脳の強化書2

「脳の学校」代表 加藤俊徳

本

今期、昨年読んだ「脳の強化書」の続編が発刊された。前編は脳番地についての説明
であったが、今回の続編は、より具体例を挙げ、脳若と関係なくとも、皆さんの生活
にも役立つことがあると思い、展開する。
《はじめに》
「脳は筋肉と同じように鍛えることができるだろうか」これは筆者が14歳の時に持っ
た疑問である。そして研究を続けること25年、真理としていえることは「脳は死ぬま
で成長し続ける」ということである。

では脳を進化させるエネルギーは何か?それは「欲求」である。欲求は扱い方さえ
間違えなければ、脳をイキイキと活性化させ、機能を高めてくれる。本書で、正しい
欲求の見つけ方。育て方を知り、脳を元気に輝かせてほしい。
《Chapter 1》 あなたの脳を動かしているモノとは?

◆私たちはどんな欲求を抱えているの?

・人間の脳はイキイキとした欲求で満ちている。その最もよく知られているのは
次の3大欲求である。
食欲 睡眠欲 性欲(生理欲求)
またそれに加え、これらの欲求もある。
名誉欲 自己顕示欲 独占欲 承認欲求 金銭欲 支配欲
またこの他にも、以下の欲求がある。
物欲 収集欲 破壊欲 恭順欲 遊戯欲 養護欲

・欲求には二つの方向性がある。
過去に経験したことをもう一度経験したいという欲求
未知の経験をしたいという欲求
この2つの欲求は、脳に異なる刺激を与える。
「新しい経験をしたい」
→ 経験を記憶し、定着させようとする
「もう一度あの経験をしたい」
→ 膨大なデータベースから過去の経験を引っ張り出そうとする
この違いにより、脳の刺激される場所も違ってくる。

・「良い欲求」と「悪い欲求」がある。
良い悪いの線引きは難しいが、充実した人生に繋がる(社会のためになる)
欲求があれば、破滅したり方に触れたりする欲求もある。
前頭葉に損傷を受けた人が、万引きをしたケースがある。これは前頭葉が善悪を
判断し実行に移しているのではないかと考えられている。

・「○○したい欲求」と「○○したくない欲求」がある。
「○○したくない欲求」は、扁桃体が「イヤだ」と感じた記憶が海馬を通じて
呼び覚まされ、やりたくないと思う仕組みである。またやりたくない欲求の2つ
目は、自分の脳の未熟な・未発達なパーツを使う時である。このどちらかを
見つめることにより、やりたくない自分との向き合い方が変わっていく。

◆欲求はどのように脳を進化させてきたのか?

・脳幹は呼吸や血圧などをつかさどる生命維持装置である。この上に視床・
大脳辺縁系がある。人間の脳がここで進化を止めていたら動物と同じ生き方だった
だろう。ところが人間は「より良く生きる」ことを考えるようになったため、
大脳皮質が生まれた。これが視床・大脳辺縁系をすっぽり包んでいる。

・超頭野は複雑な情報処理をする部分で、30歳以降に良く伸びる。超前頭野は
特に50歳を過ぎてから成長する。

・脳は歳を取るにつれて委縮するが、85歳を過ぎても元気に人に委縮は見られない。
超前頭野が活発に動く人はストレスに強い。このストレスを押し返すものが欲求
である。

◆欲求は脳のどこで生まれるのか?

・脳の中央にあるのが扁桃体で、それは好き・嫌いを判断する。その扁桃体に
接しているのが海馬である。

・欲求により、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンが分泌され、特に
ドーパミンは意欲・学習の動機づけで、集中力が高まる。ノルアドレナリンは
外からのストレスに闘争し、セロトニンは感情をコントロールする。

つづく

11/1(日) 西日本国際展示場「健康フェア」に出展します

11/1(日)、西日本国際展示場で「健康フェア」が開催され、今年も、美女3人で「脳若トレーニング」の体験講座を行います。

健康フェアは、試薬品、試供品などのサンプルが満載で、私は毎年エコバッグ一杯もらって帰ります。またいろんな測定やマッサージなどのサービスも充実しています。

楽しい企画ですので、ぜひ一度おいでください。ご友人、ご両親にもお伝え頂ければ幸いです。

http://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/27200013.html

健康フェアちらし

必見:首相が高機能地図の必要性について言及

news20151004

今日のニュースで、安倍首相がオリンピックまでに車の自動運転を実現させようという決意を表明したとのこと。以下Yahooニュースからの引用

自動運転車はカメラなどで収集した周囲の状況を認識して走行する。首相は、自動運転に不可欠な高機能地図の開発について「日本には世界をリードしてほしい」と訴えた。

これから忙しくなるぞ。

「最強のチームビルディング(チーム創りとマネジメント)」を読んで

今回は連載の最終回ということで、今までのおさらいといった内容と実践方法の解説でした。

おさらいをすると、
 ○チーム意識 ・・・ リーダー自身が求心力となる必要がある!
 ○安全な場  ・・・ 「自己開示」「他者受容」
 ○信頼関係  ・・・ 信頼関係は「気づく」ことから!
 ○自信と本気 ・・・ 多様性を成果に変える「アドバイスセッション」
といった内容です。

改めて再確認し、感じてしまってはいけないのでしょうが、自分はどれも弱いなと思ってしまいました。
では、他のプロジェクトはどうだろうか。会社自体はどうだろうか。

自分が出来ていないこと、しなければいけないこと、したほうがよいことがわかったので、本連載を読み進めてきたことには成果があったと感じます。

大事なのは、読んで満足ではなく行動し、チェックし、改善していくことだと思いますので、よいチーム創りを心がけて行動します。

ITシステムはなぜ失敗するのか

「なぜ失敗するか」の原因を多方面から検証するような本を探していたのですが、内容としては「こうすべきだ」という話が多かったです。
原因についての記載は少し少なめで目的とずれてしまったのは残念でした。

主として主張しているのは「要件定義をあいまいに開発を開始しない」ことでした。そのためのアプローチとして
・開発をベンダー任せにしない
・モックアップを作成し、手戻りの少ない要件定義を作成する
・開発を行いたい目的にあった開発を行う
といったことが挙げられていました。

実際の現場でも要件定義が不明確なことが問題になることはどこでも共通の問題だと思います。
以前読んだ本や最近受けたセミナーでもモックアップを使っての要件定義について話題が出ていました。
この部分についての新しい効率の良いアプローチがないか探してみたいです。

知識ゼロから学ぶソフトウェアプロジェクト管理

 本書籍ではソフトウェア開発のポイントとして、以下の4つのTipsを上げ、その説明を中心にプロジェクト管理について書かれている。
 ①一人一人のエンジニアのアウトプットを最大限にする
 ②変更に耐性を持つ開発スタイルにする(しかし変更は最小限にとどめる)
 ③品質第一主義
 ④非機能要求は上流から下流まで特別な扱いをする

 まず、人がすべてであるという話が書かれている。
 一人一人のプロジェクトメンバーが高いモチベーションをもって、良いものを作ろうとする心意気が大事で、与えられたことだけをやればいいというモチベーションの低いエンジニア集団では問題が起こっても不思議ではない。

 また、要求仕様を書くうえで、4つの重要なポイントをあげている。
 ①漠然たるユーザー要求を機能要求に落とし込む
 ②要求に優先順位をつける
 ③テスト可能な要求を書く
 ④非機能要求をちゃんと書く
 要求仕様についてうまく要点を絞った説明がされていて参考になった。

 プロジェクト管理については硬い内容の書籍が多いと思うが、本書は非常に砕けた文章で読みやすかった。
 設計について、アーキテクチャパターンの紹介があったが詳細な説明までは無かったので、今度は設計関係、特にアーキテクチャについて学習したいと思った。

【年間教育計画】基本情報技術者試験に向けた学習

以前「基本情報技術者試験」を受け、落ちたので再受験(2016年4月)に向け勉強中です。

「3週間完全マスター 基本情報技術者」を半年かけて読破しました。
一度勉強した内容なのですぐに思い出せるだろうと思っていましたが、まったくダメでした。

読み進める途中で出てくる例題は解けるものの、時間を空けて再度例題だけ解こうとすると
分からなくなり、身についていないのかもしれません。
下期で演習問題に取り組む予定なので、そこでしっかりとモノにしたいと思います。

前回と今回の一番の違いは、以前勉強した際は書いている内容をそのまま覚えている
だけだった箇所も、今回は理解・納得できたところです。
少しは成長できているのではないかと思います。