日経NETWORK 4月号 Active Directory 基礎の基礎

「社内の複数のパソコンやサーバをまとめて管理したい」「セキュリティを強化したい」
このようなときに企業システムの運用管理にとって便利なものが「Active Directory」である。
そこで、Active Directoryの基礎を理解し、効率よくクライアントパソコンやサーバを管理する方法を学んでいく。

■Part.1 そもそもActive Directoryとは?
・Active DirectoryはWindows Serverが備えるITリソースの管理機能で、Windows 2000 Serverから導入された。
・クライアントパソコンやサーバ、プリンターなど企業ネットワークに接続された様々なITリソースを効率よく管理できる。
・エンドユーザは、クライアントパソコンから1度ログオンに成功すれば、複数のITリソースにアクセスが可能となる。
・管理者は、サーバやクライアントパソコン情報をドメインコントローラー上でまとめて管理することができる。
・コンピュータやそのユーザに対し、管理者が任意の設定をActive Directoryで強制的に施す仕組みも備えている。
 これを「グループポリシー」と呼ぶ。
・グループポリシーは、コンピュータやそのユーザの設定をかなり細かく制御ができる。

■Part.2 複雑な用語を整理して、グループポリシーの全体像を把握
・Active Directoryを区切って作成される「範囲」により「ドメイン」「サイト」「フォレスト」を使い分ける。
 以下にそれらの詳細な説明を記載する。
●フォレスト
→ドメイン、サイトなどを内包するActive Directoryで最大の範囲。
→Active Directoryの初期設定時に必ず自動で作成される。
●ドメイン
→最も重要かつ、基本的な範囲で、その範囲内の構成要素を主にツリー状に管理する。
→同じ階層の複数のドメイン同士が連携し、相互にITリソースを使える状態を「信頼関係を結ぶ」という。
  →1つのフォレスト内に複数作成可能。
●サイト
→ドメインコントローラーの同期が即時に実行される範囲。
  →通常はLANを1つのサイトに設定する。
→サイト内で、どこかのドメインコントローラーで管理用データベース情報に変更が加わった場合、別のドメインコントローラーに即時に反映するため、データベースの複製トラフィックが頻繁に発生する。
・グループポリシーでは、管理対象であるコンピュータ/ユーザアカウントに対し、管理者が定めたポリシーを強制的に適用する。
・コンピュータアカウントやユーザアカウント、グループアカウントを格納して分離できる「箱」のような概念を「OU(Organizational Unit)」と呼ぶ。
・クライアントPCなど、Active Directoryで管理する対象に、どんな設定を適用するかの情報をまとめたものを「グループ・ポリシー・オブジェクト(GPO)」という。
・1つのGPOに複数のGPP(グループポリシー基本情報)を設定することができる。
・以上を踏まえ、ポリシーを利用する際の基本的な流れを簡潔に示す。
 ①ポリシーを適用する対象(コンピュータ/ユーザアカウント)を決める
 ②OUなどの管理単位を作成する
 ③ポリシーを適用する対象を、OUなどの「箱」に所属させる
 ④ポリシーで実現したい設定に沿ってGPO作成・編集する
 ⑤管理単位に適切なGPOを関連付ける
 ⑥OU内のアカウントにポリシーを適用

今回のテーマについては、自分にとっては知らないこと、仕組みが多々あった。
しかし、会社という組織に所属している以上、社内で使用している自分のパソコンなどの機器を管理することは大変なことであり、重要なことである。
そこで、Active Directoryについての理解を深めるために、実際にグループポリシーを作成して体感することで、より簡単に管理ができ、かつより便利に機器を使うことができるということを実感してみたい。

基本情報技術者試験 結果発表

2015/04/19(日)、基本情報技術者試験を受験いたしました!

結果は残念ながら不合格・・・
自己採点は
午前が32/80(40点相当、合格点は60点)
午後が25/36(70点相当、合格点は60点)
でした。

午後問題に関しては、勉強中も思っていたのですが、
問題文も多く、穴埋めなので割りとヒントが多く、
何とかなりそうだなと感じており、本番でも合格点を取ることができました。
(C言語は満点!)

しかし、やはりネックは午前問題。
知識の量がものを言う午前はもっと勉強(というか詰め込み)が必要だと、
改めて思い知らされました。

今度の秋に向けては、もっと午前問題に注力して勉強を進める次第です!!

以上、基本情報技術者試験、合否を発表させていただきました。

 

マルチメディア検定-メディア処理技術

メディア処理技術-音声と音響

よく、スピーカなどで「5.1chサラウンド」など言われますが、この数値はスピーカーとサブウーファの数を表しています。

まず、5.1の5の部分はメインとなるスピーカーの数です。5の場合は中央、右前、左前、右後、左後の5つという意味になります。特に後ろのスピーカーのことをサラウンド(Surround:囲む)スピーカーと呼びます。

次に、0.1の方は低音域専用のサブウーファのことを指します。(通常のスピーカーからも低音域は出ます)

したがって、5.1chとは、5つのメインスピーカーと1つの低音域専用スピーカーを持つ音響システムのことを指します。

2.1ch~7.1chも、横にスピーカーがあったり、中央のスピーカーがなかったりしますが、同様の意味になります。

以上、マルチメディア検定-メディア処理技術についてでした。

cg-kentei2015

 

©CG-ARTS協会

デジタル画像処理教育-著作権

画像処理の教育成果なのに文字ばかりですが、今後の画像関係の投稿には以下の著作権が絡む為、ご了承ください。

著作物とは日本の著作権法では「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」(原文のまま)とあります。具体的なものでは。小説、音楽、絵画、写真、プログラムなどがこの保護対象に当たります。

著作者には著作物に対して以下の権利などが、創作から著作者の死後50年まで与えられます。

  • 複製権
  • 上映権
  • 公衆送信権
  • 口述権
  • 頒布権
  • 譲渡権
  • 貸与権
  • 翻訳権

また、日本はベルヌ条約に加盟しており、海外の著作物に対しても同様の権利があります。

著作物に対してはこれらの権利があり著作者の承諾なしに他人が利用することはできません。ただし、他人の著作物を無承諾で利用できる方法として、引用して利用する物がありますが、以下の5点を満たす必要があります。

  1. 他人の著作物を引用する必要が有ること。
  2. 自分の著作物と引用部分が明確に区別されて認識できること。
  3. 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であり、自分の著作物が主体であること。
  4. その引用が、囲繞される著作者人格権を侵害るような形ではないこと
  5. 出所(著作者名、題名など)が明確であること。

以上、CG-ARTS協会主催のデジタル画像処理検定における項目の1つ、知的財産権の著作権についての内容でした。

cg-kentei2015

©CG-ARTS協会

ひとを動かす技術

タイトルに「技術」とあるので、ノウハウ本かなと思ったのですが、小説でした。
が、自分にとってはノウハウよりも全然面白く読めました。

あらすじとしては・・・
企業のM&A部門で結果を出し続けている主人公が、ある落ち目な家具製造会社の
買収を命じられて、最初は今まで通りに数字を駆使して理屈で説得していくけど
全然うまくいかない。
そこへ正体不明のおばあちゃん(最後に正体は明かされてビックリという結末)と
偶然知り合って、そのおばあちゃんから助言(主人公は最初は助言と感じてなくて、
訳分らない事をいう人だなぁと思っているだけ)を受けて、主人公の行動が変わっ
ていくという話です。

このおばあちゃん(=メンター)の助言というのが「おぉぅ!」「ほほぉ~!」と思え
ることが多かったので、この本は読んで良かったと思いました。

キーワードは「押す」ではなく「引く」です。

2015/05/27道路サポーター実施!

こんにちは!環境委員のSです。

2015年度初の道路サポーターとなります。

実施1週間前の天気予報は曇り時々雨と予報されており、雨天中止という文字が頭をよぎりましたが、

実施当日は30度を越える快晴となりました。

しかし、夕方くらいになると風が吹いており、適切な温度で掃除に取り組めたと思います。

DSC02018     ←真剣に取り組む様子

今回は落ち葉もゴミもそれほどなく、参加者全員の手際が良いため、

予定より30分ほど早く終了することができました。

ご協力ありがとうございます!!

次回は7月頭に実施予定です。

真夏の中、熱中症にならない程度に皆さん、はりきっていきましょう(o^∇^o)ノ

最後に皆さん、お疲れ様でした(*- -)(*_ _)ペコリ

DSC02028

 

 

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

仕事において「雑談が大切である」とよく言われますが、正直苦手です。(>_<)

雑談しようと試みますが・・・話が続かない。
仕事以外でも楽しく雑談できたらいいなとは思うのですが、うまくいかない。。。

そんな悩みを抱えてここ数年生活してきていたので、
「話すことが苦手なすべての人を救済するコミュニケーションの極意!!」
という帯広告に目が留まりました。(^^;

コミュニケーションを以下の特徴を持ったゲームと捉えることで、
意味のある練習ができるようになると記述されています。
・対戦型ゲームではなく、参加者全員の協力プレー
・ゲームの敵は「気まずさ」
・ゲームは「強制スタート」

そう、練習が必要なんです。
練習もせず上手くなろうなんて都合のいい話なんです。

本書では、上記ゲームに勝つための考え方、技術が書かれていますが、
「考え方」の部分を意識して練習を重ねる必要があるなと思いました。

雑談が苦手な方!!
本書を読むと何かヒントを得られるかもしれませんよ。(^-^)

「Interface」

本屋さんで興味を引いたので久しぶりに Interface という雑誌を買いました。
今回は画像処理のアルゴリズム「超解像」というやつで、低い解像度の画像を大きく引き伸ばす方法についての特集です。

中には次のような記事が載っていました。
普通画像を引き伸ばすと補間という方法を使うのが一般的ですが、補間だけで引き伸ばすと画像のぎざぎざが目立ってしまいます。今回の特集はその画像を引き伸ばすひとつの方法「超解像」というアルゴリズムについて解説です。画像のエッジを加味した補間法らしいです。

もうひとつはGPU付きのスパコンが2万5千円で買えるという話。もちろんワンボードのコンピュータではあるがUSB3、Ethernet、HDMI、SATA、イヤホンジャックが付いているというので周辺機器を買えばほぼ市販のPCと同じになるそうです。

今、新人にPCを組み立てさせる研修をしているけど、どうせだったらこんなものを使ってPCを作れといったら面白いかも知れませんね。

interface-2015-6

なぜ、優れたリーダーは「失敗」を語るのか

ほん

なぜ、優れたリーダーは「失敗」を語るのか
佐々木繁範

今年度上期の教育計画のひとつとして、標記書籍の完読をあげましたので毎月、ブログで要旨を紹介します。
書籍→ http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82372-0
==========
◎序章 なぜ、失敗談なのか

・苦境に陥った時、尊敬する先輩に、失敗した時、それを乗り越えることで道が開ける」と言われたら、よし!頑張ろうと思うのではないか。

・子供にとにかく勉強しろと言ってもしないだろう。「自分が当時勉強しなかったために、今こんなことで困っている。自分も頑張るから、お前も一緒に頑張れ」というと素直に返事をした。失敗談には不思議な力がある。

・海外のリーダーの失敗談としては、スティーブ・ジョブズの2005年スタンフォード大学卒業式でのスピーチが有名である。
⇒なぜ欧米では、優れたリーダーが堂々と失敗を語るのか?

・日本では、失敗談を格好悪いというイメージがある。しかし、ワークショップで実践すると、企業家や中小企業の経営者などは特に湧き上がり、その後、連帯感が生まれている。

・イノベーションの実現には果敢なチャレンジが必要。その時必ず失敗がつきまとう。その時大事なことは、失敗を恐れずに挑戦すること、また失敗したら、そこから教訓を掴み、今後に活かすこと。

・失敗談はなかなか書けない。思い出すには、吐き気がこみあげるほどである。
失敗談を語れるのは、その失敗に折り合いがついたときである。そしてその時、失敗が失敗でなくなり、それはむしろリソースとなる。

<まとめ>
影響力のあるリーダーが失敗を語ることで、後に続く者が失敗を恐れず新しいことに挑戦できるようになる。これで、日本がイノベーションに優れた国となっていく。

(つづく)