「最強のチームビルディング(間違いだらけの組織マネジメント)」を読んで

プロジェクトにおいて課題に直面した場合、まず取り組むこに
「やり方(手順、仕組み、体制)」を見直すことが一般的なセオリーとしてあります。
ただ、「やり方」を変えても目的通りの成果を得られにくいことが多々あると思いますが、
それがなぜなのか?どのようにすればよいのか、といったことが書かれていました。

○なぜうまくいかないのか
 課題の対策が
 「目標達成のために管理方法を変える」
 「納期管理の方法を変える」
 「作業手順を見直す」
 といった「Do(やり方):現象」に偏ってしまいがち
 ⇒課題の本質が見抜けていない

「Be(あり方):真意」を見直す必要がある
 (1)他責
   現実を作り出している起点は自分であることを省みず、他者に問題があると決めつけている。
   犯人探しに終始し、本来の業務に費やすべき労力が削がれている。
 (2)安全な場がない
   信頼関係がなく、本音が言える場や関係がなく、本当の課題が見えない。
   そのため本質的な課題が解決できず、同じようなトラブルを繰り返している。
 (3)対処療法の恒常化
   現象だけを見て小手先の「やり方」によって解決しようとしている。
   やみくもに管理やマニュアル化を進めて間接業務が肥大化。
   無駄に報告回数を増やして生産性を下げている。

○どうすればよいのか
 チーム成長という新たなマネジメントに取り組んでみる。
 チームの成長には以下の4段階がある。
  第一段階:フォーミング(形成期)・・・チームの結成・様子見
   ⇒チーム意識、安全な場
  第二段階:ストーミング(混乱期)・・・意見のぶつかり合い・個人の主張
   ⇒信頼関係、自信と本気
  第三段階:ノーミング(標準期)・・・個人の役割とチームの決まりごとの明確化
   ⇒チーム目標達成への貢献意欲、当事者意識
  第四段階:トランスフォーミング(達成期)・・・能力の発揮と成果達成
   ⇒リーダーシップ、ビジョン・ミッション

 ⇒チーム状態(Be)を変化させるアプローチが重要 ★リーダーに求められる能力★

 ラーニングサイクルを進めてみる(Doの見直し方もサイクル化してみる)。
  DO(経験・試行)  ・・・まずやってみる
    ↓
  Look(指摘・確認) ・・・何が起こるか、よく観察して理解する
    ↓
  THINK(分析・解析) ・・・なぜこうなるのか良く考えてみる
    ↓
  GROW(帰納・一般化) ・・・改善策がわかって成長する
    ↓
  Doに戻る

チームごとの特性を理解し、チームを成長させて行くこと(あり方を見直すこと)が重要だということが理解できました。

CCENT受験備忘録.1

前年度よりCCENT受験のための学習しているM.Sです。

最近、ようやく分厚い本の50%以上を読破しました。

50%以上まで行くと本当によくわからない世界になり始めました。

あと2~3回読み直さないと忘れてしまうような気がします。

内容としては外部からの攻撃方法の紹介でした。

DDos攻撃だとか、Dos攻撃だとか。

攻撃方法としてはあと外部から無線LANにアクセスする攻撃方法などもあります。

これ、攻撃されたらひとたまりもないと思います。

あと、cmdのコマンドが増えました。

ping,ipconfig,tracertです。

pingは指定先とのネットワーク通信を測ります。

通信ができているのかできていないのかの確認です。

ipconfigはその端末のIPアドレスを調べるのに使用します。

tracertは第二引数にアドレスかIPアドレスを入れると、

指定したアドレスまでにどのルーターを使用するかということがわかります。

つまり、インターネットに接続ができなくなった場合、

これを使用するとどこまでのルータが繋がっているのかがわかるようになります。

まだまだ、実践で使うことがないようなコマンドですが、しっかりと覚えていきたいです。

2015年度キックオフ&懇親会

4月24日(金) 2015年度上期のキックオフが開催されました。

各部署からの発表で気持ちを引き締めた後は、お決まりの↓このポーズで団結!!

DSC01964

そして、速やかに万歳三唱へと移行する流れを漂わせつつ・・まさかの台湾三唱!!

社員旅行は台湾に行きたい!という熱い思いを台湾三唱に込めキックオフ無事終了!

その後は、ホテルクラウンパレス小倉で懇親会を行いました。

DSC01990

ビンゴゲームなどで盛り上がり・・そして最後の締めは、やはりこれ!

DSC02013

そして~か~が~や~くぅ~♪ウルトラソウル!!

 

DSC02014

ハイ!!!

今年度もYCCをよろしくお願い致します!

 

”Y歌同” 発足♪

この度、『わいず・こんぴゅーた・くりえいつ カラオケ同好会』(略して、Y歌同)を発足することになりました。(^^)/

Y歌同_20150424_01

過去遡ること16年程前、
分社化する前の『(株)シーズ・ラボ 北九州開発センター(KIT)』の時代に、
『KIT歌同』というカラオケ好きで立ち上げた同好会があったことを
今年の新人M氏・F氏と話をしている時に思い出し、
「YCCでも立ち上げようか~(^0_0^)」と冗談半分で話をしていた翌々日には会則が作られ、
発足することになりました。(^^♪

毎月第4金曜日に定例会開催ということで、
4/24(金)の2015年度YCCキックオフ&懇親会の後に、第1回定例会を開催しました。(*^^)v

第1回定例会は15名参加と、結構カラオケ好きがいるということが判明。(^-^)

Y歌同_20150424_02

毎月歌ったことない歌を歌うと宣言したK取締役!!

次回が楽しみです。(^_-)-☆

MVC

なんだか最近 MVC という言葉が聞かれなくなった気がする。もう浸透して語る必要がなくなったのか?それとも最近のWeb開発では向かなくなったのか?Model(データ) と View(見てくれ) と Control (制御) のコードを分けろということなのだろうが、言うはやさしくても、実際に実践しようとすると難しい。

画面を伴ったアプリケーションを作る際、データと表示の内容は当然ながら密接につながっているわけだが、プログラマから見て、データを変更する部分ではそのデータがどのように表示されているかはあまり考えなくてよいし、画面を作る側からはいつ自分が扱うデータ
以外については関心を持たなくてよいというように意識したコードが望ましいというわけだ。

最近VC++でMFCを使って書かれたコードを見ているが、若手が書いたコード(今からほぼ10年前のコードなので、今はみんな中堅なんだが)はMVCの基本を抑えていないものがほとんどだ。
たとえば ダイアログの「OK」ボタンのイベントの中で実際に目的とする処理が長々と書いてあったりする。処理時間が長いものをそのようにコーディングするのはご法度なんだが、それを正しい形でやろうとするとそこからとたんにハードルがあがってしまう。たぶん別に実行スレッドなるものを起こし、メインのスレッドとやりとりをしながら実行スレッドが終了するのを監視するようにするのが普通かと思われるが、では実行中にユーザになにか問い合わせて判断を仰ぐ必要があればとうする?とかを考えるとどんどん処理が複雑になっていってしまう。

この大変さはたとえ言語が変わっても変わらないので、UIを伴うコードを書いている人たちにとっては普遍の法則かもしれない。

ちなみに MVC を実現しようとすると一番 MFC が難しいような気がする。 MFC では最初に画面を作る際、ウイザードを使ってアプリケーションのフレームを作ることが出来るが、それがほとんど役にたったためしがない。MVC の概念がしっかりと学べるのは Java の Swing や SWT であると自分は思っているが、なにせマイナーなものなのでコードを見る機会は少ないかもしれない。

合同新人研修(成果発表会)

今年の新人エンジニア2名が参加するI社さんとの合同新人研修の中間成果発表会がありました。

教材用の自走式ロボットのプログラミング演習で、センサでコースの黒線を検出して、それに沿って走るようJavaでプログラムを書いています。

発表会ではデモの直前まで動いていたロボットが動かなくなるトラブルも経験し、よい研修になったようです。(^_^;)

合同新人研修デモの様子

合同新人研修デモの様子

さすがPython

仕事でPythonを使い始めて1年半、今では数万行のコードになった。PythonはDOSとSQLで書かれたバッチ処理を新システムに移行する話が決まった時、お客さんに紹介して取り入れてもらった。

思いこせばPythonを最初に触ったのは4~5年前、C++やJavaに慣れていた自分にとっては、コードのブロックをインデントで表すなんてありえないと何年も食わず嫌いだったのだが、Googleで採用されているとか、スクリプト言語の中では一番早いとかいう噂でひとつ勉強してみる事にした。まあ色々癖や欠点はあるのだが、DOSコマンドに比べると格段にプログラムしやすい。おまけにGUIのAPIもデフォルトで付いている。

今回の仕事はDOSコマンドのスクリプトからPython に移行するだけだったのだが、ちょっとした工夫でコンソールアプリからGUIに変更することも出来た。自前でフレームワークを作りリスト系のアプリケーションならパラメタ項目の定義とSQLを記述するだけで簡単に作れるようになった。 アウトプットはCSVなのだが、ボタンひとつでExcel にも出力できる。さすがPython

まかせる経営

「生活の木」という会社自体知らずに、

  • 社員満足度「東日本1位」
  • 売上「業界1位」
  • 全部、社員がやってくれました

という帯の言葉からビビッときて購読しました。
※生活の木(http://www.treeoflife.co.jp/)

まかせる経営

 

『「社員を幸せにしたい」から経営は始まる』であったり、『信頼し、まかせて、社員の誇りを育てる』など為になる内容が盛り沢山でしたが、一番ビビッと来たのは、あとがきに書かれていた『会社は人の心で成り立っていることを忘れない』という一文でした。

最近、管理職同士でも話していたことですが、
『会社のこと、社員のこと、顧客のこと、家族を含め自分のことをどれだけ本気で考えているか』
が、もっとも大切であり、それを抜きに人財育成や会社の発展のことを論じても結果は出ないよなと改めて反省させられました(+_+)

さあ、まずは自分自身、本気で物事を考えるところから始めよう(^^)/

iPad卒業証書

こんばんわ、amanojyaku改め、ろばーと・で・にーとです。

さて、新年度でフレッシュな新入社員も加わり、事務所の雰囲気も活気に満ち溢れている気がしますね。

今回のお題は、卒業シーズンはちょっと過ぎましたが「iPad卒業証書」です。

ネットニュースに上がっていたんですが気になってクリックしてみたら、ちょっと面白かった。

タイトルだけで最初は、「ああ、卒業証書もペーパーレス化」?とおもった次第ですが、

実は、これ卒業証書の代わりにiPadそのものを卒業生に渡すものでした。

iPadのカバーには和紙の卒業証書と同じ鳳凰の飾りがあって、

iPadの中に先生からのメッセージや思い出の写真が動画が入れられているそうです。

うーん、こういうのはいいなと素直に感じましたね!! ちゃんと心がこもっている。

しかし、50人くらいの学校ならいいが、マンモス校とかだと無理かな、、、。

そこでこれってビジネスになるじゃないかと、、、

誰でも簡単にiPad卒業証書が作れるようなアプリを作ったらいいんじゃないか!

そして、アプリ付のiPadとして販売してしまへば、、、いいビジネスになるんでは?

卒業証書だけでなく、様々な場面で使えるよね。

皆さんどうですか!

 

 

2015年度入社式

本日(2015.4.1 )、2015年度の入社式がありました。

古里社長・中村会長のご挨拶がありました。

DSC01912

DSC01919

新入社員代表の答辞。

DSC01920

最後に記念写真。

とっても素敵な仲間が増えました♪

皆さま、これから宜しくお願いします。