2015.3.14 イノベーションフォーラム2015 「近未来のものづくりとイノベーション」に参加して

教育計画にはありませんが、参加して面白かったので書きます。
そのうち、文中の本を買います。
================
1.基調講演

・講演者の本「3Dプリンターはまだ序章でしかない!」の紹介

・慶応大学には、自由に使える3Dプリンターが、8台ある。それは
きちんとした機械室でなく、食堂だったり、あちこちに置いている。

・「3Dで何ができるのか?」ではなく、これまで世の中にない物をつくる。
→3又鉛筆など。ネットを介して広がり、海外からオファーか来た。

・ドラえもんが普及すると、のび太は職に就けない。

・ドラえもんは発明している訳ではない。ソムリエやセールスマンと同じ。
ニーズに合うものを提供している。

・アニメ「ハルロック」が面白い。主人公は、
ソフトウェア、ハードウェア、
エレクトロニクス、ネットワーク、
サービス等
を駆使し、何かに特化せず要求にあるものを提供する。

・ファブラボとは、
3Dプリンター、デジタルミシン、電子工作機
レーザーカッター、ペーパーカッターなど
分野を問わず集めて置いている。違う分野の人間が、ちょっと隣にある
物を使うことによって、新しい物を生まれる。
世界に600か所あり、日本には12か所ある。

・ファブラボの前にカレー屋があり、タージマハール型カレーを作った。
ご飯をかたどる容器の形を、工作機械で作ってみた。

・3Dプリンター使用により、様々な法律が絡んでくる。
製造物責任、銃刀法製造、食品衛生など

2.ディスカッション

【パネリスト】慶応大学 田中氏(基調講演者)
ファブラボ大宰府
グッディ、EKジャパン
マルソー産業(ウリーニング用ハンガー)
HMC(モノカフェ2014開催)

・3Dで何ができるかでなく、必要性からのアプローチである。

・教育について
夏休みの宿題。親がついていけなくなる。
1台4万円であるので、子供に買ってやればよい。
最初から全てが整わない環境で、成長してゆくと良い。

・材料は、子供が舐めたらいけないため注意。

・レゴブロックは捨てないだろう。→リサイクルになる。

【所感】
ものづくりの街ならではの企画で、話が分かりやすく面白かった。
基調講演では、慶応大学の中や、ファブラボの様子が多くの写真で紹介
された。確かにこれからは、あなたは機械、私は洋裁といった分野やを超え、
ニーズにこたえるために、何を道具として使うかを、それから考える流れに
なるように思う。またその流れが、新しい製品を生み出すことに繋がる
のだと感じた。

ディスカッションでは、各々の業界や得意分野を突きあった
コメントで、聴いていて楽しかった。技術とマーケティングが絡んだ
面白うそうな提案になりそうだった。

以上

脳の強化書 Chapter 1-3

遅くなりましたが、今年度の教育計画に上げた本の要旨をUPします。
少々長いですが、脳若コミュニケータへ繋ぐためと、具体例が皆さんにも役立つと思いましたので、以下のように載せます。

============
脳の強化書                    「脳の学校」代表 加藤俊徳

《Chapter 1》 脳を”理想の形”につくり変えよう!

◆脳の鍛え方を間違ってない?

・脳細胞は加齢により減少しても、栄養が供給される限り成長は止まらない。
・脳が最も成長するのは20代~40代。これは、社会人となり脳を積極的に働かせる機会が増えるからである。よって、40代を過ぎても脳を鍛える方法を取れば良い。
・記憶力の低下といって海馬を酷使するより、コミュニケーションで思考力を高めることが大事。
・これさえやればよいという脳トレ一品主義はダメ。本来の自分を磨くため自分の脳と向き合うこと。→脳番地の考え方

◆脳力をアップする脳番地の考え方

・脳細胞は働きにより番地を持っている。これは筆者の発想だが原型は250年前にある。
・神経細胞は、脳番地をネットワークで繋ぐことにより機能が強化される。
・脳番地は8種類に分けられる。
思考系、感情系、伝達系、理解系、運動系、聴覚系、視覚系、記憶系
この中で他の番地へ大きな影響及ぼすのが、思考系・感情系である。
・脳番地の成長は枝ぶりで決まる。
・脳番地は組み合わせて鍛えられる。
相手の話を聴きながら考える :聴覚系→思考系
本を読み、考えをめぐらす   :視覚系→思考系
音楽を聴き、楽しい気分になる:聴覚系→感情系
・脳画像の白い部分(休眠中)は潜在能力があるため、鍛えよう。
コンプレックスの部分を見直し。新しくチャレンジを。

《Chapter 2》 思考系脳番地トレーニング

◆「こうなりたい」を達成するために指示する司令塔である。

・1日の目標を20字以内で作る →単語を探す。朝、シュミレーションする。
・身近な人の長所を3つ上げる →自分の思考の転換。ムリに3つ探す。
・絶対ノー残業デーをつくる →期限設定により、アウトプットを担う左脳が加担する。
・ゲームでわざと負ける →自分か置かれている立場と逆の立場からとらえる力が身に付く。
・自分の意見に対する反論を考えてみる →物事をいろんな角度から見るため脳に良い刺激を行う。
・寝る前に3つのことを記録する →脳の中が整理される。
・休日の行動計画を他人に決めて貰う →日頃使わない脳番地を使う。
・必ず10分間昼寝をする →思考のスイッチング。血圧を下げる。
・足腰のツボをマッサージする。→脳の負担を減らし、集中力を高める。

《Chapter 3》 感情系脳番地トレーニング

◆当番地を鍛えて、穏やかな気持ちを維持する。

・出かけるとき「何があっても怒らない」と唱える →前頭野に目的を与える。
・楽しかったことベスト10を決める →過去の記憶を利用して、現在の感情をコントロールする。
・大好きなものを10日間絶つ →脳への刺激を変えた時の感情を観察する。
・「ほめノート」を作る →ウキウキすると隣接する思考系脳番地が刺激される。
・新しい美容室を開拓する →感情を揺さぶられる体験をしないと能力が伸びない。
・植物に話しかけてみる →話しかけることが感情表現になる。クールダウン。
・まわりの人にその日の印象を伝える →察知力の向上

つづく

シーズグループ技術交流会

2015年3月6日に、親会社のシーズ・ラボと技術交流会を開催しました!!

s-DSC_0006

開発プロセスについてや自動テストについてなど、関連会社がお互いにどんな仕事をし、どんな技術を活用して開発を行っているのかを知ることができ、大変有意義な会となりました(^^♪

s-DSC_0051

今後も、定期的に開催していきたいと思います(^^)/

s-DSC_0031

つながるラジオ in Air Station Hibiki 2015.2.27 Fri.

2/27にラジオ出演した録音を、YoutubeにUPしました。

写真は、当日スタジオに駆けつけてくれた脳若コミュニケータ修行中のIさんが撮ってくれました。ちょっと恥ずかしいけど公開します。
いやぁ~、生放送はドキドキでした。^^;
https://www.youtube.com/watch?v=lWviUGelqus

環境検定表彰式 完結編

賞状授与の前に、各賞の内容と受賞者が発表され、その中にちょうと変わった「環境学習賞」というのがありました。それは前年成績の奮わなかった女の子が、なにくそと思って、テキストに出ている全ての施設を見て回った、ということで贈られました。その子の綴った絵日記のような冊子は数冊に及び、会場で公開されました。個人賞の大人の中に、一人小さな女の子が並び印象的でした。

IMG_1161

記念写真、局長と館長が椅子に座ると、子供達が後列になり見えません。すぐさま局長が「君たちが座りなさい」と言って、館長と後ろで中腰になりました。満点だった子供たちは受賞の仕方も様々で、ずっと見ていたいくらい可愛かったです。椅子にも誇らしげに座っています。こんな子供達が大きくなり、北九州の街を盛り上げてほしいなと思いました。IMG_20150222_114856

環境検定表彰式 その2

いよいよ表彰台。順番が近づきました。こんなことは久しぶりなので、呼ばれたら返事をし、椅子から立って一礼、登壇前にまた一礼・・・前の6人の所作から、いいトコ取りをして学習しました。しかし、あがってしまい、少し前に出過ぎたような気がします(苦笑)
10304784_418591164983994_60998685832429152_n11021300_419024311607346_5203908253016643653_o
賞状を貰い、ていたんのトロフィーを頂く時、局長がおっしゃいました。
「缶バッジを付けて頂いて、ありがとうございます。」
それは赤いていたんの缶バッジをジャケットの襟に付けていたことでした。私は手渡させれる時、小声で言われたので、てっきり「ファスナー空いてますよ・・・」みたいなドジかなとビックリし、聴こえてまたビックリしました。
たぶん周りには聴こえない、局長と二人だけのヒミツの会話。ここに暴露します(笑)。ちょっとしたことですが、実はとても嬉しい表彰式になりました。

環境検定表彰式 その1

2/22、北九州市環境首都検定の表彰式がありました。

私達YCCは昨年から受検していますが、今年は初の団体受検。結果、一般編49団体の7位となりました。当日は、70点以上の14団体が表彰されました。

オープニングは、環境局長と環境ミュージアム館長のご挨拶、そして「ていたん&ブラックていたん」も登場し、インタビューがありました。インタビューといっても喋れないので、環境局の職員さんが巧みに通訳し、会場を賑わせました。IMG_1157
 
以下は全体の結果発表と、表彰対象者です。
H26年度環境首都検定_結果011 H26年度環境首都検定_表彰012

リフレッシュ休暇(最終日+1)

今日は移動日でしたが、深夜の飛行機なので日中は観光ができました。港町のフリーマントルは週末だけマーケットが開かれるのでまたいってみるつもりでしたが、ついでにリベンジでプリズンにもまたいきました。

今回は、トンネルツアーというのに参加しました。1800何十年代だかに西オーストラリアは、おそらく人口増加のせいもあって、深刻な水不足の問題があったようです。それで水源確保のために刑務所の地下にトンネルが掘られ迷路のようになっていて、そこを案内してもらうツアーです。

不織布のつなぎを来て、長靴履いて、ヘルメットにヘッドライト、ハーネスとライフベスト装着の上、地下20mの梯子を登り降りします。出発前にアルコールテストもありました。
1回のツアーの定員は13人で、ガイド含めて14人でまわります。2人1組で梯子を降りたり地下水の川をボートで進んでいくのですが、「お前は俺についてこい」ということでガイドとペアだったので私は楽ちんでした。ライフベストが、見慣れた飛行機に乗ったときの説明のやつとは随分違うので、これはどうやって使うのか聞いたら、オートマチックでガスで膨らむ、スイッチはないとのことでした。どうやら水に落ちたら勝手に膨らむようです。

途中、川の天井から紐のようなものが垂れ下がっているところがあり、何かと思ったらユーカリの木の根でした。オーストラリアは土地が乾燥しているのでユーカリの木は通常20mぐらい根を下ろすそうです。天井に直径30cmぐらいの縦穴があり、そこからユーカリの根が垂れているところがあったので、これも人が掘ったのかと聞いたところ、そうではなく自然のもの、ユーカリの根が枯れてそのあとが穴になっているとのことでした。

フリーマントル プリズン

フリーマントル プリズン

 

プリズンの中

プリズンの中

トンネルへ降りる梯子

トンネルへ降りる梯子

トンネルへ降りる梯子

トンネルへ降りる梯子

ツアー終了時、装備を解いている途中にロッカーからカメラを取ってこいと言われて1枚

ツアー終了時、装備を解いている途中にロッカーからカメラを取ってこいと言われて1枚

フリーマントルのマーケット

フリーマントルのマーケット

街のあちこちに大道芸人が。(この人はお金を投げ入れるとしばらくうごきます。)

街のあちこちに大道芸人が。(この人はお金を投げ入れるとプレスリーか何かの曲に合わせてしばらくうごきます。)

パースの鳥のブラックスワン

パースの鳥のブラックスワン

パースを流れるスワンリバーでは、パースを代表する鳥であるブラックスワンを見かけませんでしたので、ちょっと離れた湖に行きました。