リーダーになる人に知っておいてほしいこと

年末の大掃除をしていて、以前買って読んでいなかった本が数冊出てきた。
その中の1冊を折角なので正月休みに読んだ。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

 

記載されている一言一句に対して、『その通りだな』とは思いながらも、
『分かってないんだよな、オレ』と思いながら読んだ。

上手く表現できないが、この一文がそれを表しているのだと思う。

『素直な心になるのはなかなか難しいねん。すぐになれへん。
 朝起きたら仏壇や神棚の前で「今日一日素直な心で無事にいかせてください」と
 心に念ずる。
 それを30年やったら、まあ大きな間違いなく、素直な心でものは見えるやろう。
 要は素直の初段やな。素直な心の初段になるには30年かかる。』

 

2015年は、改めて日々、自己観照して生活して行こうと思う。

 

「メンバーの活力を高めるモチベーションマネジメント」を読んで

今回は、「メンバーの活力を高めるモチベーションマネジメント」を読みました。

「伸び悩んでいる」、「やる気はあるが、がんばり方がわからない」といった人や、
そのようなチームメンバーがいる方には参考になるであろうと思います。

まず理解しなければならないのが、
似た意味で使ってしまいそうな言葉ですが、「モチベーション」と「やる気」は異なるということです。

○やる気     ・・・ ときどきの勘定や意欲で変わる一時的なもの
○モチベーション ・・・ 個人が活力を高め、方向性を持ち、目標達成に向けて粘り強く努力するプロセス

「やる気」の有無で、仕事を決めてはならないということです。

モチベーションを高めさせることとして、
プロジェクトリーダーが心がける必要があるポイントとしては以下の4点となります。
 ・メンバーの実力を見抜く
 ・「具体的」な目標を設定する
 ・目標に意味を持たせる
 ・結果ではなく、プロセスでフィードバックする

読んでみて、どれも重要だと思いました。
私は、まずは「フィードバックする」といったところに注力してみようと思います。