「働き方」の教科書 ~「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本~

ライフネット生命の会長である出口治明氏の著書です。

「働き方」の教科書

 
40代を目前にどのように仕事に取り組んで行こうかと考える中、
40代の先の50代のことも視野に入れなければと思い本を手に取りました。

「無敵の50代」になるために20代~40代でどのように考え仕事に取組み
人生を過ごすべきかが書かれています。

特に印象に残ったのは以下です。

・人間の幸福は喜怒哀楽の総量
・自分の周囲の世界をどのように理解し、何をどう変えたいと思い、
 自分は今のポジションで何を担って生きていくのか。
 それが人間のとるべき生き方であり、働く意味なのです。
・人間は次の世代にバトンタッチをするために生きています。
 消費税の引き上げに際して、
 「官僚が埋蔵金を隠している。それを掘り出せば消費税は上げなくて済む」
 という話を聞いて心底腹が立ちます。
 いま66歳の僕には孫が2人いて、その顔を見るたびに、
 1000兆円を超える借金だけを残して死ねるのかと自問しています。
 仮に埋蔵金があるのなら、土をかけてそれを必死で隠すのが
 僕たち世代の責務ではないでしょうか。

ワイズ・コンピュータ・クリエイツの存在意義、自分自身の存在意義を考え、
行動していきたいと思います。

 

みつばちフリマ

11/24(祝) 若松 グリーンパーク内で開催される

『みつばちフリマ』

に出店(個人)します。

当店は子供服メインで出品しますので、小さいお子さんがいらっしゃる

お母さん・お父さんは是非遊びに来ていただければと思います。

私(坂口)は、うちの子含めのちびっこ軍団と遊んでいますので

ゆっくり見たい方は、お子さん預かりますよ。

DSC_1238_clear

DSC_1242

11/9「健康フェア」盛況に終わりました。

脳若トレーニングのミニ講座は、参加希望者が絶えずフル稼働、予定の倍である13回実施、59名のお客様に体験して頂きました。
iPadが初めての方も、恐る恐る触り、楽しんでらっしゃいました。

途中、北橋市長がご来場され、YCCのブースで足を留められました。15分という短いご滞在の中、暫くブースをご覧になり
「認知症は北九州市の大きな課題です。頑張ってください」
と、スタッフ全員と握手してくださいました。

写真をお願いすると快く受けて頂き、iPadをご自分から支えてくださり、感激の一枚となりました。
※隣の女性は、脳若トレーニングの生みの親、光岡社長です。

1533876_764481913618104_1545183315567594667_n 10665157_764496133616682_8791812053538621895_n

日経SYSTEMS 2014 10月号 最強のチームビルディング

紹介されていたチームビルディングの実践8ステップ

STEP1:チームの土台を作る
    ・自分の中のチームリーダー像を点検する
    ・チームを作ると強く意識する
    ・チームメンバー全員にチーム作りを宣言する
    ・チーム名を付けて、互いにニックネームで呼び合う
    ・チームとしてのグランドルールを共有する

STEP2:本音が言える関係と環境を作る
    ・リーダー、メンバーともに「ハートビーイング」を実践する
    ・お互いが「大切なものリスト」に入るための関わり方をする
    ・しっかり傾聴することをチームの規範とする

STEP3:メンバー同士の関係を強くする
    ・挨拶や昼食などで心理的距離を縮める機会を増やす
    ・メンバー同士、心を開く、自己開示で信頼し合う
    ・他者受容のモデルを示す
    ・自己開示・他者受容の場をチームとして作る
    ・直接支援できなくても応援して参加する

STEP4:小さな成功体験で自信と本気を作る
    ・確実に達成できる自信を生み出す実績を作る
    ・どんな小さな達成でも心から全力で喜ぶ
    ・チーム全員で達成して、みんなで達成感を味わう

STEP5:全員の意識と行動の焦点を達成目標に絞る
    ・意見やアイデアの焦点を目標達成に合わせる
    ・アイデアや提案を共有する機会と仕組みを用意する
    ・提示されたアイデアや提案はできる限りすぐに実行する
    ・リーダーはファシリテーターに徹する

STEP6:メンバーが自己の能力とチームの成果に責任を持つ
    ・スキルアップのための効果的な方法を共有する場を作る
    ・メンバー主導の勉強会を実施する
    ・自信のないメンバーに対してチームがコーチとなる

STEP7:メンバー全員がリーダーシップを発揮する
    ・リーダーシップを委譲するタイミングを見極める
    ・リーダーシップを委譲する
    ・メンバー手動のミーティングを設定する

STEP8:真のチームミッション、ビジョンを作る
    ・チームのミッションやビジョンを本格的に話し合い掲げる
    ・チームビジョンを日常行動につなげる
    ・取り組みを共有しチームビジョンを磨き続ける
    ・チームビジョンを創造するチームとなる

 

環境首都検定を受けましょう!

北九州環境首都検定は12月14日(日)
YCCの締切を、当初より1日早めて11/5(水)12時とします。
皆さん、是非、YCCで団体受験をしましょう!

★古里社長より伝言です。
団体申込者の得点上位3名に豪華賞品をプレゼントします。
環境検定受けルンバ聞いて、その気になってください。