教育訓練2013年7月

●言葉の壁で守られた市場が、日本の起業家の武器

URL:<http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/cent/02/01.html >

感想:

この記事を読んで思ったことは、どのような企業も「日本」を基点の一つと考えるべきということ。 そして、企業としての基盤が固まったら海外進出も考える必要性があるということ。

ふっとある事を思い出した。確かTVで、とある和傘店が一発逆点を狙うため、和傘の材料を元にちょっとおしゃれなランプ?みたいなものを作成し、それを海外に売り出すという話で、イギリスやアメリカで顧客を手に入れたという話で、今回の記事が今の話に少し当てはまるのではないのかな?っと思いました。

●世界に通用するソフトウェアを作る合言葉は「読むな、作れ」

URL:< http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/kaigai/11/01.html >

感想:

未来を予測する最も良い方法は、それをつくることである。byアラン・ケイ

確かに、言葉は真理をついていますね。 何かを作る際以下のように意識することが大切なのだと痛感致しました。

・時代を読む力を持つこと

・「お金」に対する意識を持つこと

●チーム活性化のために、リーダーが果たすべき役割

URL: <http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/tl/02/01.html>

感想:

・チームリーダーの意向をメンバーに浸透させる

・メンバー同士の意思疎通を良くする

リーダーと呼ばれる方々は、このような点を”本当”に意識しているのでしょうか?

●「ほう・れん・そう」を15分の朝会に置き換える

URL:<http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/scrum/01/01.html>

感想:

朝礼の場を設けると「ほう・れん・そう」の要素がきちんと毎日組み込める。 これは、派遣先で経験したことですの、ものすごく納得しました。 やはり、朝礼は大切だとしみじみ思いました。

●“なる早”タスクにスケジュールを乱されないための「バックログ」

URL:<http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/scrum/02/01.html>

感想:

結局、相互理解がなければ、スケジュールは乱される一方。 下の人間からすれば、理解されないのはただ苦痛だと思います。