日経SYSTEMS 7月号より ~エンジニアのためのらくらくプレゼン術~ 「誰でも図解マスターになれる図形の意味と3つの関係性」

プレゼン資料は、システム構成図やフロー図に加え、概念的なことも図解できるようになると、資料の分かりやすさが高まる。
  ↓
プレゼン資料の図解で求められるのは「表現したい事柄から要素を抽出し、丸や四角形の図形で表し、位置や矢印で図形間の関係性を示す。」ということだけである。
  ↓
あらかじめ図形のパターンを用意し手置き、表現したい内容に沿ってパターンを選べば、素早く効果的な図が描ける。

■図形や矢印の特徴を押さえる
 何となく図形を選ぶのでなく、表現要素の概念と図形の特徴を合わせる。
   
 ・「組織」のように、実在し線引きできる概念は「四角形」
 ・「市場」のように、抽象的な概念は「楕円」
 ・「矢印」は、面積の大小で変化の大小を示す。
  「白抜き」はビフォー&アフター、黒塗りは因果や影響を与える関係

■関係性を位置で表現
 図形間の関係性の表現では、「相関」「流動」「構造」のパターンを利用
 すること。
  

 ①「相関」は「集合」「因果」「位置」に分けられる。
  ・「集合」は、抽象的な概念の関係性を表現する。
   
  ・「因果」は、線や矢印で論理的な原因を細分化し、要因を集約させる。
   「ロジックツリー」「フィッシュボーン(特製要因図)」など。
  ・「位置」は、縦と横の軸で区分したエリアに図形をマッピングして、
   図形同士の位置関係を表現。「マトリックス」ともいう。
   

 ②「流動」は「展開」「手順」「循環」に分けられる。
  ・「展開」は、成長や発展を表現する。
   良くなっていくことを表現するには、左下から右上へ。
  ・「手順」は、「フロー図」や「アプローチ図」と呼ばれ、左から右に
   時間が進んでいくイメージで図形を並べる。また「フローチャート」や
   「ガントチャート」のように期間をバーの長さで表現する方法もある。
  ・「循環」の典型はPDCAサイクル。正の循環は時計回りで安定感を、
   負の循環は反時計回りで不安定な印象を与える。
   

 ③「構造」は「階層」のみ
  ・「階層」は、ピラミッド型、組織図型、レイヤー型で表す。
   ピラミッドは上から下への広がりがあるもの、組織図は名の通り、
   レイヤー図はネットワーク構成のようなものに使用する。
   

こうした関係性のパターンを作成したものをストックしておき、いつでも使えるようにしておくとよい。

日経SYSTEMS 5月号より ~エンジニアのためのらくらくプレゼン術~ 「PCをいきなり使うのはダメ 倍速で資料を作る3つのコツ」

資料を作成する時、いきなりPCでプレゼンソフトを起動していないか?これは、時間を無駄にしている可能性がある。理由は、図形の色使いなど本質から外れたことに意識が向きやすく、時間を浪費しがちである。

構想をしっかり決めてからソフトを操作した方が効率よく資料を作成できる。また、資料も分かりやすくなる。

■作業の細分化

・「情報収集に30分」「仮説打診に30分」というように作業を細分化すると、隙間時間を有効活用できる。

■プレゼンのシナリオを下書きするストーリーボードを使用

・全体の大きな流れを考え、章分けする。
その後、各章の下にスライドの下書きを配置する。
ストリートボードは手書きが良い
プレゼンソフトで作ると細部に意識が傾きやすい。

■ストーリーの考え方:相手の状態を「不」で考える。

①「不信・不適」ステージ
「なぜ注目されるのか」「なぜ必要か」という重要性の訴求
②「不要・不急」ステージ
「なぜ今これを採用すべきか」という緊急性の訴求
③「不経済」ステージ
経済性を問われるので、他の技術や製品に対する優位性を示す。
④「不安」を払しょくするステージ
あなた自身や所属企業の実績・信頼性

■声に出して流れを確認する

・説明しにくいところは、流れに無理があったり、余計な情報が混ざっているから。
・手戻りが大きくならないように、ストーリートボードを作成した時点で話してみる
・事実の説明だけではなく、その解釈や結論まで一連の流れで話す
・できれば、資料なしで人に話してみる

日経SYSTEMS 4月号より ~実践 クラウドの正攻法~ 「SaaSからIaaSへ向け検討 移行可否は分岐で見極め」

今年度の教育課題として、日経SYSTEMSから気になった記事を纏めることにした。

日経SYSTEMS 4月号より
~実践 クラウドの正攻法~
「SaaSからIaaSへ向け検討 移行可否は分岐で見極め」

クラウドを試したら本格的稼働につなげる流れが定着しつつある。その中で問題なのは「オンプレミス環境で構築してきたIT資産をどうやってクラウドへ移行するか」だ。

■多様化するクラウドプラットフォーム

【IaaS】
・ゲストOSから上のレイヤーに当たるミドルウェアやアプリをオンプレで稼働していた状態のまま持っていける。
・既存システムの運用基盤を流用、また運用向けに開発したツールやPGMを再利用できるケースが多いので、運用管理者にとっても、クラウドを利用した運用業務を習得しやすい。

【CaaS】
・ITグループ全体で利用すべきコンポーネントを定義し、DevOpsやInfrastructure as Codeなどに基づいた仕組みと合わせて、従来の仮想サーバーより少ないリソースで、アプリを複数の環境に即時に配布する基盤として使われる。

【FaaS】
・実行する処理を登録しておき、サーバーをスケールアウト形式で起動、実行、停止する。これにより、季節で急激に変動するトランザクション量が増えるケースでも対応しやすい。
・トランザクション量のピークに合わせて高スペックのサーバーを用意しておく必要がない。

■SaaSからIaaSに向かって検討する

・クラウドの利用者側では、Saasから検討を始める方法に変化している。開発対象が少ない順にプラットフォームを検討し、最後にIaaSでしか動かないアプリのみIaaSに残す。

IaaSにより、ハードのコスト、保守要員の人件費を削減できる。しかし、ミドルウェアやアプリの領域は、オンプレと同じような保守が必要なので、コスト削減とはならない場合がある。

・オンプレとクラウドを併用するハイブリッドへの理解も進んできた。両社の長所が活かせる反面、両者を保守する必要があり、コスト増となる場合もある。

■非機能要件や稼働率も考慮

============================
★クラウド移行に向かない条件
・バッチ処理で、クラウドベンダーが提供していないCPU数やメモリー容量、高速なストレージを必要とする処理
・高可用性を実現するために、HWでクラスター構成を構築しているシステム
RAID構成を取っていて、HWと同等の性能が必要なストレージ
・ドライバーが物理サーバー上でしか動作しない、または仮想サーバーで動作保証されないAP
・特殊な装置の近くにあり、属地性、保全の観点から即時性を求められるシステム
・業務システムにおいて、99.95%以上の稼働率を求められるシステム
・障害発生や性能劣化発生時、エンドー・ツー・エンドで原因追及を即座に求められるシステム
・業務に必要とされるサービスレベルをクラウドベンダー側で保証できないシステム
============================

■クラウドの利点を享受するアーキテクチャー

目的はコストに限らず、アプリを含むシステム全体を柔軟に変えていき、ビジネス推進に貢献する狙いもある。キーワードは以下の3つ。

【リキッド】
アプリ機能をモジュール化し、各モジュールを軽量な機構によりAPI化連携する。その際、再生可能なコンポーネントやクラウドのサービスを積極的に活用する。

【インテリジェント】
システムの高度な自動化を実現し、ルーチンやタスクを削減し、効率化を図る。

【コネクテッド】
ビジネスパートナーや顧客を巻き込んだエコシステムを作り、IoTと接続し、アプリの相互接続性を向上させる。

■デジタルとレガシーの依存性を排除

オンプレからクラウドへは一気に移行せず、段階的に進めることが必要。「デジタルカップリング」という方法論が参考になり、12のステップからなる。
============================
★デジタルカップリング
・ドメイン定義
・インターフェース、(マイクロ)サービスの識別
・データコントラストの定義
・サービストとエンドポイントの定義
・ビジネスロジック疎結合化/移植
・イベントの定義
・同期/非同期フロー
・新アーキテクチャー定義
・新アーキテクチャーのPoC(概念検証)
・ファクトリー構築
・スケール
・組織再編とコミュニケーションの統合
============================

「北九州市環境首都検定」受検しました


今年もYCCで団体受検しました。

今年の受検者は10名。さて結果はどうなりますか!?

ていたんとブラックていたんが喧嘩しています。
職員の方が「あらあら、ダメでしょ喧嘩しちゃ。皆が見てるから恥ずかしいでしょ」と、優しく諭していました。

教育課題:日経業界地図2017 55~59

バイオ燃料。
稲わらからエタノールを取ることは知っていましたが、
タピオカ残さかから燃料を取るのは初めて知りました。
面白いです。サッポロビーールがタイで行っているそうです。

北九州にいるからか、エコに興味があります。
バイオ燃料がエコでできると、なおさらイイですね。
業界地図_55-

教育課題:日経業界地図2017 16~30

今月はGWがあると油断していたら、後半大変なことに。
業界地図の纏めを初めて、2か月目。
毎月15の業界の勢力状況は、なかなか頭に残りませんが、纏めるかたわら不明点を調べたりするので、これは頭に入っていくようです。

業界の現状 ・・・伸びか停滞かなど
専門用語  ・・・この言葉は何?機械・装置はどういうものか?など
企業名   ・・・この会社ってこの業界なんだ、ということ

業界地図_16-30

2017/5/30 道路サポーター清掃活動を行いました

私たちYCCは、会社設立とともに「北九州市道路サポーター」に登録しました。
年4回、社員総出で会社周辺の清掃活動をしています。
5月30日、今年度最初の清掃活動を行いました。

IMG_5822
やり方はさまざま。一人でゴミを集めて、袋詰めまでする人もいますしー

IMG_5827
ゴミを集めてチリトリに入れる人、ゴミ袋を支える人など、ちっちゃなグループでやる人もいます。

IMG_5824
ゴミ袋がいっぱいになったらー

IMG_5825
運びます。

IMG_5820
会社のあるテクノセンター周辺の歩道は、枯葉がいっぱいでー

IMG_5823
こんな風に、まず、枯葉をめいっぱい搔き出す人もいました。

IMG_5828
もうすぐ活動を始めて10周年。最近は、テクノパークの他の企業の方々も道路サポーターを始められ、ゴミも半分近くに減りました。
年に数回ではありますが、今年も、皆でいい汗を流し、綺麗な職場を保てるよう頑張ります。