【読後感想】チームが機能するとはどういうことか

teaming

まず構成は下記の通りです。
■第1部 チーミング
第1章:新しい働き方
第2章:学習とイノベーションと競争のためのチーミング

■第2部 学習するための組織づくり
第3章:フレーミングの力
第4章:心理的に安全な場をつくる
第5章:上手に失敗して、早く成功する
第6章:境界を超えたチーミング

■第3部 学習しながら実行する
第7章:チーミングと学習を仕事に活かす
第8章:成功をもたらすリーダーシップ

本書はマネージャやチームをまとめる人へ向けて書かれたものであり、全てリーダー視点から集約されているようです。

所感

成功しているチーミングの例として、以下四つの特別な行動をとっているらしく、、、
・率直に意見を言う
・協働する
・試みる
・省察する
「率直に意見を言う」という中で、衝突を積極的に受け入れた物言いが少し新しく感じました。
ただしそこには信頼関係が必要であることが前提であり、その上でリーダーが進む方向へ導くというもので、やはり相互の信頼関係がまず第一に必要なんだと感じました。

また、第4章では・・・

心理的安全とは → 信頼と尊敬である  という。厳しいフィードバックや難しい話し合いが可能となり、情報を求めるといった行為やミスを犯してしまった場合でも、不快に思われたり恥をかかされたりすることはない。(良い意味での安心感)
つまり意見を言っても罰せられたり、拒否されることがないという心理的安全がよりよいパフォーマンスを生み出す。

考えてみると、確かに・・・と思います。が、メンバ目線でいうと上記のような関係になくともどんどん意見を言えるようにならないといけないし、逆にそうしないとリーダーからの信頼も得ることができなくなるのかなぁとも感じました。
あとの後半はなんとなく理解できるものの、実際にチームをまとめている人でないと役に立たないのではないかと思いました。実践している人が本書に記載されているフレームを試してみるといった内容なのかなと。

また時が来たら読み返したいと思います。

【読書感想】実践!交渉学

kousyou

ユーザー研究会の中で交渉・交渉術・交渉学といったものを学んでいく上で、
いくつか本を読みましたが、本書が個人的に一番面白かったのでご紹介します。

ユーザー研の資料にも使わせていただきました。

まず、「交渉とは何か?」といった内容から入り
交渉についてのイロハを会話風の例えで解説しており
非常に分かり易く、面白い内容だと感じました。

事例検討会でも一部ご紹介いたしましたが、以下のキーワードが出てくる部分
だけでも非常にためになると思います。
・「立場」と「利害」
・「BATNA(不調時代替案)」
・「ZOPA(合意可能性領域)」
→パレート最適

交渉における目指すところや、本当の意味でのWin-Winとは何であるかといった事が
分かるのではないでしょうか。

交渉は業務を行っていく中でも重要なスキルの一つではないかと思うようになりました。
新人の方にも是非お勧めしたい本です!

実践!交渉学~いかに合意形成を図るか (ちくま新書)

2014年度上期キックオフ~懇親会

05月09日(金) 2014年度上期キックオフ開催!

各部署からの発表、また中期計画実行プロジェクトから最終報告がありました。

 DSC01131
恒例となった「えい!えい!おぉぉーーー!!!」の図

さて、キックオフ終了後の懇親会の様子をば。

 

DSC01138 DSC01143 DSC01140

まだ皆さん神妙な面持ちです。

DSC01142

 

泡が・・・立たない!!

 

さぁ待ちに待った、カンパーーーーーーイ!!

と自分も叫んだ為、乾杯の瞬間を撮りそこねました・・・

DSC01159

開始直後にもかかわらず目が据わるの図

 

DSC01148 DSC01157

文体主催によるビンゴ大会!(文体の皆様有難うございました(*´∀`*))

 

DSC01158

 

カードに穴が開かないの図

 

DSC01168

 

「75番!75番!」愛を叫ぶの図

 

DSC01169

滑り込みビンゴにテンション上がるの図

 

DSC01171

無事商品がもらえ満面の笑みの図

 

DSC01173

ビンゴの結果に対し 理不尽にキレる・止める・困る の図

 

楽しい時間はあっというまに流れ、、、最後締めはもちろんいつもの

DSC01180

 

わーっしょい!

 

 

わーっしょい!!

 

 

・・・・

 

ウ  ル  ト  ラ  ソウル!!!!

DSC01167

黒毛和牛!

 

 

 

【図書感想】99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ

前回[99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ]を読んで
本当にそうだなぁ・・・と感じたので、関連図書を購入。

まぁ、自分はリーダーでもなんでもないのですが。
万が一、その日が来た時の為にと思いまして。

章立ては下記のとおり、大きく8つのコツが書かれていました。
1 メンバ選びのコツ
2 仕事の依頼のコツ
3 メンバー評価のコツ
4 トラブル対処のコツ
5 チームを前進させるコツ
6 モチベーションを高めるコツ
7 人を育てるコツ
8 自分を整えるコツ

自分がリーダーだったら、こんなことやっているのではないか?
メンバとしての立場から、リーダーを困らせていないだろうか?
などと考えながら本書を読み進めていきましたが、、、
本にたくさんダメだしされているようで、最後はなぜかへこんでいるという状態に。

しかし、本書に書かれていることを常に意識していけば、”良いメンバ”になれそうな気がします。

リーダーでない人にもオススメできるのではないかと思いました。

【図書感想】教育・訓練2013年12月

[99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ]

大きく分けて下記8つのコツが書かれています。
1 報連相のコツ
2 会議のコツ
3 メールのコツ
4 文書作成のコツ
5 コミュニケーションのコツ
6 時間のコツ
7 チームワークのコツ
8 目標達成のコツ

それぞれの内容に対して、ダメな例と良い例、なぜその良い例(コツ)が有効であるのか?
といったことがしっかりと解説されていて、なるほど!と思うことばかり。

特に最初の「報連相のコツ」に関して多くの気づきがあり、中でも
・自信があるようにふるまう
・「3分ください」を口ぐせにする
・「とりあえず」ではなく「まず」と言ってみる
といった内容に関して、あぁ・・・本当にそうだなぁと感じました。

基本的にすぐに実践できるものばかりで、誰が読んでも有効なのではないかと
思います。

(図書感想)教育・訓練2013年8月

「心が喜ぶ働き方を見つけよう 」

現在の業種とは全く別の話ではあるが、
「頭で考えず、ただ心で感じたままに動いてみた」
という言葉が印象的で、仕事をする意味や姿勢を問われた気がした。

「なりふりかまわず、人のため、世の中がよりよくなるように動いている姿が、人の心を動かすのだ」
多くの人が本書から大きな感銘を受けているようだった為、購入したのだが、
残念ながら熱い思いにはついていけなかった。というのが正直な感想。

・・・本書は期待していたモノではなかった。

(図書感想)教育・訓練2013年6月

[SEを極める50の鉄則]

率直に自分の考え方や行動をもっと確立しないといけないと感じた。

技術力だけもっていても何にもならない。しかし、技術力を持たないSEなどいない。
確かにそうだ。
ゴルフにたとえるならドライバーだけ得意でも、
アイアンだけ得意でもスコアにならないのと一緒ではないだろうか。
結局トータル力の強いものが強いゴルファー(信頼されるSE)なのだろうなと思う。

こうあるべきだ!という軸を自身でもっと考えていかなければいけないし、
本書に”日ごろの地道な努力が新しい自分を作る”とあるように
日々変化していく為にも、できる範囲でコツコツがんばろうと思う。

後半は正直まだピンとこない内容だった。
時間を置いて、再度読み返してみよう。

本書を購入してよかったと思っている。

教育・訓練02月 読後報告

図書名:仕事は楽しいかね? (デイル・ドーテン著 野津智子=訳)

タイトルに惹かれた。という理由のみで、本図書を購入、読むことにしました。

内容としては、日々の仕事にゆきづまりを 感じ、未来に期待感をもてない男に、老人が一晩の講義をする。といったストーリー仕立ての構成になっており、自分が想像していたものとはずいぶんと違ったものの、とても読みやすいという印象を持ちました。

多くの自己啓発本にあるような、”計画を立てること”や”未来の自分がどうなりたいかを想像すること”ということを良しとしない物言いが好印象でした。

気に入った言葉がいくつかありましたので、ご紹介します。

「成功するというのはね、右に倣えをしないことなんだ。」

「新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデアなんだ」

そして、本図書は次のような言葉を締めに持ってきています。
「アイデアをいっぱい持つこと。ありとあらゆることをやってみる(試してみる)こと。明日は今日と違う自分になること。そして朝を待ち焦がれる、幸せなサムライの一人になってくれ」

自分も日々”変化”していく人間でありたいと感じました。
とても難しいことだとは思いますが、思わなければ進まないですからね。