2020/10/1 道路サポーター

コロナウイルスの影響もあり、

1年ぶりの開催となりました道路サポーター活動!!

今年は10月1日が「市民いっせいまち美化の日」でしたので、

合わせて道路サポーター活動を開催しました(*’▽’)

実は昨年入社の3名は道路サポーター初参加です!!

初参加、いかがでしたでしょうか?

私はスーツで参加したことを後悔しました。。汚れました。。。

時期が時期なので落ち葉だらけです。

家庭ごみも目立ちました。

皆さんもくもくと掃除に取り掛かり

いつも通る道があっという間に綺麗になりましたね (*^^)v

皆さんの手際の良さに驚きました(笑)

そして今回の活動実績は

参加者は20名!!ゴミ袋の数は21袋です!!

近年では一番の作業実績でした!

ご協力ありがとうございましたm(_ _)m

最後に

今回の清掃活動中に消火器が見つかったようです(+_+)

いったいどこから捨てられたのでしょうか。。。謎ですね。。。

それでは次回もご参加のほど、よろしくお願い致します!

ご参加いただいた皆様お疲れ様でした!

ご協力ありがとうございました!(ペットボトルキャップ)

皆様にご協力いただいているペットボトルキャップを

7月27日にイオン戸畑店様へ持ち込みました。

量にして3Kg(手提げタイプの大きな紙袋1つ分)

女性でも持ち歩けます(^^)

今回は、ポリオワクチン 0.75人分 の寄付となりました!

この活動は

 認定NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会

を通して、UNICEFと連携して開発途上国の子供たちへ

ポリオワクチンの接種活動に役立っています。

この団体の昨年度の支援内訳は下記の通りです。(団体HPより)

2019年支援総額

ミャンマー 43,714,338円 (定期予防接種支援)
ラオス   24,262,311円 (定期予防接種支援)
ブータン  24,595,694円 (定期予防接種支援)
バヌアツ  23,084,381円 (定期予防接種支援)
※すべて2019年12月に拠出
合計 1億1,565万6,724円

皆様から寄せられたペットボトルキャップが

他の方のキャップやその他の寄付と合わさりこんなに大きな額になるんですね( ゚Д゚)

これらの金額は、ポリオワクチンをはじめ、開発途上国の子供たちの命を守るため

様々なワクチンや関連機器に換えて寄付されています。

興味のある方は、下記のURLをご覧ください。
https://www.jcv-jp.org/ (認定NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会)

では、引き続きペットボトルキャップ収集のご協力をお願いいたしますm(^^)m

本日はレイアウト変更でした

新体制に向け、本日はレイアウト変更(season2)が行われました。

各自軽装というお達しの元、私は引き出しにあった「地元いちばん(北九州市の地産地消PR)」のポロを来て臨みました。

すると、誰からか「お揃いやん」と言われたので、振り返るとSさんのTシャツと同じ色。それじゃあと、嫌がるS課長を引き止め記念撮影を。ちょうど休憩にYさんが差し入れてくれたアイスでご機嫌な時でした。

イベントが全滅なので、レイアウト変更に、いつになく皆ワクワクしているような!? 古い写真に笑ったり、ケーブル作りに励んだり。日頃接点のない人とも会話があったりで、キツいながらも楽しい1日となりました。

育児中のOさんが出社しました

ギャラリー

このギャラリーには6枚の写真が含まれています。

今日は、ただいま育児休暇中のOさんが、会社に顔を出してくれました。 6月に生まれた赤ちゃんを連れて。 まずは社長にご挨拶。パソコンに厳しいお顔の社長も、とたんにニッコリ。 ちょうど同じ頃おじいちゃんになられたので、抱っこ … 続きを読む

『市民いっせいまち美化の日』に参加!

みなさん、ご存知でしょうか?

北九州市では9~10月に市民全体で街の清掃活動を行っています。

その名もずばり『市民いっせいまち美化の日』。

今年は10月6日が『市民いっせいまち美化の日』でしたので、少し遅れて我が社の秋の道路サポーター活動も、この『市民いっせいまち美化の日(10月6日)』に合わせて行いました。

 

この時期は、落ち葉 おちば オチバ…

掃いている先から落ちてきます(泣)

ですが、ご覧の通り暖かい日が続いているせいか落ち葉が少なく、木々も青々としたなか快適な清掃活動を行いました(^^)v

毎日歩くいつもの道路もきれいになりました!

 

今年から投入された落ち葉用ちりとり、その名も“てみ”。

環境委員 のおすすめの一品でございます。使ってくださってありがとうございます!

(まあ、落ち葉専用道具ではないんですけどね)

みなさん、何に使ってもいいので大いに活用してください!(踊りに使ってもよし♪)

 

う~ん、結構ゴミが集まっていたのに、袋より人間が多く写ってしまいました アララ

この写真の3倍はゴミがあったような…

 

では、ご参加いただいたみなさま、ご協力ありがとうございました。

また、次回もご参加のほど、よろしくお願いいたします。

(次回は防寒具必須ですよ!)

 

2019/07/04道路サポーター

社員ブログをご覧いただきありがとうございます!文体のNです!

今日は今年で2回目の道路サポーターなのですが…

外が暑い!!!

実は前日が雨だったということもあり、曇りで涼しい中道路サポーターを行えると思っていたら、まさかの晴れ!清々しいほどの晴れでした!

ですが皆さん、そんな暑い中でもしっかり道路サポーターを行いました!

かなり暑かったですが、誰も体調不良を訴えることなく、無事終了です!

皆さん本当にお疲れ様でした!!

(実は撮影失敗してゴミ袋が半分くらいしか映ってないのは内緒です)

2019/3/20 道路サポーター

前回の道路サポーター活動の様子をお伝えします。

皆さんカメラを向けると顔を隠してしまいます。

きっと余計なこと(写真撮影)に気を割く余裕がないほど真剣にやっているのでしょう。

素晴らしいことです。


こちらは集合写真ですね。
ですが私は写真を撮っていましたので写ってませんね。

悲しいですね。

以上ですね。

 

日経SYSTEMS 1月号より ~エンジニアのためのらくらくプレゼン術~ 「間と接続詞と質問で 理解を促進させる話し方」

プレゼンの際は、話が相手にきちんと理解されているかどうかを確かめながら進める。
ここでは、話す内容の理解を促進したり、相手の理解の状況を確認したりするテクニックを紹介する。

■「間」をつくる
 文章では句読点やかぎかっこが見えるが、話ではそれが見えないので、
 その代わりに「間」を作る。

  ⇒ 理解の間 句読点で「、」は0.5秒「。」は1秒以上
  ⇒ 強調の間 キーワードの前に0.5秒 後に2秒以上
  ⇒ 集中の間 質問の後に5秒以上

■接続詞で文脈を理解しやすく
 接続詞は「次にこういう話がきますよ」という信号の役割をする。
 接続詞の前後に間を入れたり、抑揚をつけて話すと効果的。

  ⇒ 「Aは○○です。
     Bは△△です。
     Cは××です。」と話すより、

   「まずAは○○です。
    さらにBは△△です。
    結論としてCは××です。」と
   接続詞があった方が、文脈を理解しやすい。

■説明の区切りで質問を挟む
 プレゼンで次のスライドに進む前など、区切りのよいところで、
 理解の確認を確認する質問を挟むと良い。

  ⇒ 質問の例
  「ここまではよろしいでしょうか?」
  「今ご説明したことの要点は伝わっているでしょうか?」
  「ご不明な点はありませんか?」
  「今のところが重要なコンセプトなのですが、
    ご理解いただけたでしょうか?」
  「3つの違いをご理解いただけましたか?」
  「○○さん、この点についてどんな感想を持たれましたか?」

 再度説明する際は、同じ説明を繰り返すのではなく、理解できてない
 ところを特定した上で、例を挙げたり、違いを強調したりなど
 より丁寧な説明にする。

◎その他
 慣れないことをすると緊張するので、リハーサルをする。また、
 スマートフォンで自分が話すところを動画で撮影したり、音声を
 録音したりすると、客観的に分析しやすい。

2018.12.14 YCC忘年会開催!

2018年12月14日にYCCの忘年会が大谷会館で開催されました。

2016年度の忘年会も大谷会館で開催しました。

今回の司会はT花さんです(^o^){ヨッ!名司会者!

来年からYCCの仲間になる新卒の3名も忘年会に参加してくれました。

とても緊張しているようでしたが、

すぐに先輩たちと打ち解けて会話も弾んでいました。

活躍を期待しています(^^)v

今年はT下さんが還暦をお迎えになりました。

とても縁起がありそうな格好ですね(七福神に居そうな風格です)

そして最後の締めはもちろん…

ウルトラソウル!!(^^)/{ハイ!